交通事故の被害者になったら…

公開日:2015/11/24
最終更新日:2018/08/02

1005人が閲覧しました

交通事故被害者

ナビ夫

交通事故に遭うのは予測がつかず、いきなり被害に遭うこともあり得ます。そんな時、冷静な対処を行う事ができる人は多くはいない筈。

交通事故の被害に遭った時、どうすればいいのか、何をすればいいのかわからない人はこちらを読みましょう。

交通事故の被害にあった際に知っておきたいこと

交通事故に遭ってからしばらくして保険会社から連絡があり、その対処に慌てる人が多いのではないでしょうか。交通事故の被害者の様々な悩みや対処法にお答えしていきます。

被害者が使える保険について

交通事故の被害者でも、自分の保険が使える!被害者が絶対に知っておきたい重要な保険4つを徹底解説

相手の保険の内容によっては自分の保険を使うなんて事も……。ここでは被害者と事故の自動車保険の関係について説明しています。

被害者が請求できる慰謝料について

交通事故被害者の心因的な問題や持病で治療が長引く場合、慰謝料が減額される可能性がある!

交通事故の被害者によっては、その被害者の心や性格の問題、もともとの持病が原因で入院や通院期間が通常より長くなることもあります。

交通事故の損害賠償請求-”被害者請求”と”加害者請求”の違いを詳しく解説!

交通事故に遭った被害者がどこに対して損害賠償を請求するのでしょうか。実は加害者に請求するのではなく保険会社に請求する?一体どういうことなのか気になる方はこちらの記事をチェック!

被害者が保険会社(加害者側)と進める示談交渉について

交通事故の被害者向け 示談交渉時に知っておきたい10個の項目【保存版】

交通事故後、治療が終わり、損害賠償が確定してから始まる保険会社との示談交渉。普通の人は示談交渉などしたことが無いため、どのようにすればいいのかわからないのでないでしょうか。この記事では示談交渉についてのテクニックを紹介しています。

被害者が弁護士に相談するメリットについて

絶対に知っておきたい!交通事故の被害者が弁護士への相談費用を無料にできる3つの方法とは?

交通事故に遭ってその後の処理を弁護士にお願いすることがいいというのは本当なのでしょうか?また弁護士の費用はどれくらいなのでしょうか?それらの疑問にお答えします。

交通事故の被害に関するよくある質問と答え

1 むちうちの慰謝料相場はどのくらい?

りんね
歩いているときに交通事故に遭いむちうちになった場合の慰謝料って、相場はどのくらいなの?(注:過失割合は10:0とした場合)
アシスト爺ちゃん

むちうち症と診断されて半年通院した後、14級9号の後遺障害に認定された被害者が弁護士に依頼した場合の慰謝料の相場は、半年分の通院慰謝料116万円と14級の後遺障害慰謝料110万円の計226万円なんじゃ。自身のケースにおける慰謝料の相場を弁護士に見積もってもらうと良いじゃろう。

この質問に関しての詳細はこちら

2 物損事故と人身事故における保険料や慰謝料の違いは?

りんね
事故被害に遭った際、物損事故と人身事故で実際におりる保険の額や慰謝料は同じなの?
アシスト爺ちゃん

物損事故とは受傷した人がおらず自動車など物のみが破損した場合で、人身事故とは事故による死傷者が出た場合じゃ。このように聞くと、物損事故として警察が処理したときには死傷者は絶対にいないように思うかもしれん。

ところが実際には、交通事故によるケガで通院している人のなかにも物損として処理されている人がいるんじゃ。たとえば、交通事故直後には負傷者がいなかったものの、事故後数日経過してから被害者が痛みを発症したときには物損として扱われている可能性があるんじゃ。

物損事故では治療費などケガを前提とする保険金を支払ってもらえない可能性があるんじゃ。また、物損事故では基本的に慰謝料は発生しないんじゃ。このため、物損で処理するか人損で処理するかで保険金の額は大きく変わる可能性があるんじゃ。

保険会社に人身事故証明入手不能理由書を提出すると、人損事故への切り替えを行わなくても人損事故として扱ってもらえる場合があるんじゃ。ただし、保険会社が本件は物損事故であるとして争ってくる可能性があるので、確実にお金をもらえるわけではないんじゃ。

3 交通事故の保険の請求方法は?

りんね
交通事故に遭うも加害者が任意保険に入っていない場合、車の修理費はどのように請求すればいいの?
アシスト爺ちゃん

交通事故における保険には任意保険と自賠責保険の2種類があると聞いたことがあるかもしれん。もっとも、自賠責保険は人が死傷した場合に治療費などを補うための保険で、車の修理代など物損については補えないんじゃ。

このため、加害者が任意保険に加入していない場合、相手方の保険を利用して支払ってもらうことはできん。ひき逃げなどの場合に利用できる政府保障事業も人損事故に限られているので利用できないんじゃ。

加害者が自分の財布から支払ってくれれば問題ないが、加害者が支払いに応じない場合が厄介じゃ。裁判を起こしても弁護士費用のほうが高くなる場合などには自分の車両保険を利用したほうが良い。

資力があるにもかかわらず加害者が支払いに応じない場合には、少額訴訟を利用する手があるんじゃ。請求できる金額が60万円に制限されてるが、通常の訴訟よりも簡単かつスムーズに利用できるんじゃ。簡易裁判所では裁判官や書記官がアドバイスをしてくれるので、被害者が自分で手続きを進められるんじゃ。

4 自賠責保険は誰が支払うの?

りんね
交通事故に遭い自賠責保険の限度額120万円を超えた場合、その分の治療費はだれが支払うの?
アシスト爺ちゃん

自動車を利用する場合、自賠責保険への加入が義務付けられているので、交通事故の被害者は高い確率で自賠責保険から保険金を受け取ることができるんじゃ。もっとも、自賠責保険は被害者を救済するための最低限の補償なので上限額が設けられているんじゃ。

傷害事故の上限は120万円で、これは治療費、休業損害や慰謝料等傷害に関するすべての損害に対する保険金の上限じゃ。人損事故では上限額を超えるケースも少なくないのじゃ。

加害者が任意保険に加入していれば、自賠責保険の上限を上回るものについて任意保険会社から支払ってもらえるんじゃ。必要かつ妥当な金額であれば任意保険会社に治療費を請求でき、実際には通院開始から任意保険会社が立て替えてくれているケースも多くあるんじゃ。

もっとも、任意保険会社が支払ってくれるからといって必要もないのに通院し続けていると、過剰診療だとして任意保険会社から支払いを拒まれることがあるんじゃ。その場合には自分で負担することになるので、特に理由がなければ保険を利用して通院するほうが良いんじゃ。

5 被害者の過失割合は変わるのか?

りんね
事故にあって保険会社から提示された過失割合に納得がいかない場合の過失割合は、弁護士に依頼することで変わることはある?
アシスト爺ちゃん

保険会社が被害者の法的知識の疎さにつけ込んで誤った過失割合を主張しているときには、弁護士に依頼することで正しい過失割合に正されるんじゃ。

また、弁護士に依頼することで事故現場を改めて検証して、警察の実況見分でも把握できなかった事情が判明し、過失割合が修正されることもあるんじゃ。

このため、弁護士に依頼することで過失割合が変わる可能性はあるんじゃ。ただし、すべてのケースにおいて過失割合が変わるわけではないことに注意しておくんじゃな。

この質問に関しての詳細はこちら

交通事故の被害者の体験談を見る

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめ

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。

被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

交通事故の被害者に関する記事一覧

保険慰謝料示談弁護士
交通事故の被害者向け 示談交渉時に知っておきたい10個の項目【保存版】 交通事故保険弁護士損害賠償示談交渉被害者

   示談の前提として「事故の状況」「自分の損害賠償」「双方の保険と保険の契約内容」の3つの情報を把握しておく  領収書や事故現場の画像をき…

交通事故の被害者が使える年金とは ~障害年金制度と年金の種類をわかりやすく解説!~ 交通事故保険後遺障害被害者通院治療

   「障害等級」は労災保険・自賠責保険・年金、それぞれ審査が別、互換性なし  障害基礎年金を判断するうえで一番重要なのは初診日の時点で年金…

交通事故の被害者になったとき、自賠責保険で支払われる慰謝料の計算方法を徹底解説! ムチ打ち交通事故保険慰謝料被害者

   自賠責保険の支払限度額は\1,200,000。超えた分は任意保険から支払われる  傷害慰謝料の計算方法は、入院は入院日数、通院は実際の…

交通事故の被害者でも、自分の保険が使える!被害者が絶対に知っておきたい重要な保険4つを徹底解説 交通事故保険加害者被害者通院治療

   加害者が加入する保険で損害を補償できない場合に、被害者が使える保険がある  被害者が使える保険は、任意保険に含まれている  いざという…

交通事故の損害賠償請求-”被害者請求”と”加害者請求”の違いを詳しく解説! 交通事故保険弁護士損害賠償被害者

   交通事故の損害賠償請求は、加害者本人ではなく加害者が加入している保険会社に対して行う  保険会社に行う請求の種類は、被害者請求と加害者…

損益相殺の意味を徹底解説 ~実は要注意!交通事故における損害賠償の落とし穴~ 交通事故保険加害者慰謝料損害賠償請求被害者

   損益相殺は交通事故の被害者が事故の損害以上の利益を得ることを防ぐ  実損害(相手に請求する金額)=保険金(賠償金)-損益相殺の考え  …

交通事故の手続で必要な刑事記録と交通事故証明書の入手方法 交通事故保険加害者弁護士被害者

   交通事故証明書は自動車安全運転センターで手に入る  刑事記録で必要なのは「実況見分調書」「供述調書」のふたつ  二つの刑事記録は事件の…

損益相殺の意味を徹底解説 ~実は要注意!交通事故における損害賠償の落とし穴~ 交通事故保険加害者慰謝料損害賠償請求被害者

   損益相殺は交通事故の被害者が事故の損害以上の利益を得ることを防ぐ  実損害(相手に請求する金額)=保険金(賠償金)-損益相殺の考え  …

交通事故で自ら示談を行った被害者の失敗しがちなパターン3つ!その対策は弁護士に頼むこと! 交通事故慰謝料示談被害者

   示談の流れとしては、治療終了後に賠償金を確定させて過失割合と慰謝料について話し合う  示談を被害者自身でやろうとすると不慣れな交渉や精…

交通事故で身内が死亡…遺族が受け取る慰謝料などに相続税はかかる? 交通事故慰謝料損害賠償被害者

   かかる税金も任意保険の支払い者によって種類が変わる  損害賠償金は税金の対象外  賠償金としての側面がない保険金は税金の対象になる 目…

交通事故で支払った費用に関するイメージ画像 交通事故で会社を休んだらいくらもらえる?会社員(サラリーマン)の休業損害の計算方法を説明します! 交通事故休業損害慰謝料損害賠償請求被害者

   休業損害は慰謝料ではなく、事故が原因で貰えなかった収入の事  休業損害の請求には「休業損害証明書」が必要   休業損害=1日の収入×休…

交通事故の被害者としてこれだけは知っておきたい、たった4つの警察対応方法! 交通事故加害者慰謝料損害賠償被害者

   被害者に事情聴取をしてそれらをまとめた警察が「被害者供述調書」を作成する  「供述調書」は一度署名拇印をしたら内容の書き直しはできない…

交通事故の示談前に加害者側に損害賠償請求をする3つの方法を徹底解説! 交通事故加害者慰謝料損害賠償請求示談被害者

   示談前に損害賠償する場合は賠償金の先払いが必要  仮渡金と内払金と被害者請求がある  治療費の一括対応がストップする可能性がある 目次…

高齢者の交通事故、慰謝料の計算方法が変わるって本当?|迷ったら弁護士へ相談! 交通事故慰謝料被害者高齢者

   高齢者は交通事故の加害者と被害者の双方の率が多い  高齢者の示談金が低くなる要因は「消極損害」  高齢者の逸失利益の計算方法は2パター…

交通事故の被害者が行う後遺障害等級の申請と異議申し立ての手続きについて徹底解説! 交通事故弁護士後遺障害慰謝料症状固定被害者

   後遺障害等級の申請方法は事前認定と被害者請求の二つがある  被害者請求は被害者が資料も提出も全て行うが、事前認定に比べて後遺障害等級に…

【非接触事故】接触なしの交通事故では過失割合や慰謝料はどうなる? 交通事故慰謝料損害賠償自動車被害者過失割合

   接触事故を防ぐために相手の車を避けて損害を被る事故を「非接触事故」と呼ぶ  被害者になったら警察を呼んで交通事故証明書を発行してもらう…

交通事故に強い弁護士とは?|交通事故に強い弁護士を選ぶための3つのポイント 交通事故弁護士弁護士費用慰謝料損害賠償請求被害者

   弁護士を選ぶ鉄則は近くにあり、実績を掲載し、わかりやすい説明をする弁護士  弁護士に頼めば慰謝料の最高基準で請求でき、書類作成を一任で…

交通事故の示談前に加害者側に損害賠償請求をする3つの方法を徹底解説! 交通事故加害者慰謝料損害賠償請求示談被害者

   示談前に損害賠償する場合は賠償金の先払いが必要  仮渡金と内払金と被害者請求がある  治療費の一括対応がストップする可能性がある 目次…

交通事故で自ら示談を行った被害者の失敗しがちなパターン3つ!その対策は弁護士に頼むこと! 交通事故慰謝料示談被害者

   示談の流れとしては、治療終了後に賠償金を確定させて過失割合と慰謝料について話し合う  示談を被害者自身でやろうとすると不慣れな交渉や精…

交通事故の被害者が行う後遺障害等級の申請と異議申し立ての手続きについて徹底解説! 交通事故弁護士後遺障害慰謝料症状固定被害者

   後遺障害等級の申請方法は事前認定と被害者請求の二つがある  被害者請求は被害者が資料も提出も全て行うが、事前認定に比べて後遺障害等級に…

交通事故の損害賠償請求に役立つ弁護士費用特約が使えるケースと使えないケースを弁護士費用の実例を交えて徹底解説! 交通事故弁護士弁護士費用特約損害賠償被害者

   着手金+報酬金=弁護士費用を保険会社が負担する特約が弁護士費用特約  弁護士費用特約が使えるケースは被害者、配偶者、家族、事故に巻き込…

交通事故に強い弁護士とは?|交通事故に強い弁護士を選ぶための3つのポイント 交通事故弁護士弁護士費用慰謝料損害賠償請求被害者

   弁護士を選ぶ鉄則は近くにあり、実績を掲載し、わかりやすい説明をする弁護士  弁護士に頼めば慰謝料の最高基準で請求でき、書類作成を一任で…

交通事故の示談が纏まらない時に利用する裁判外紛争解決手続(ADR)のメリット・デメリットを紹介 交通事故弁護士示談交渉被害者費用

   ADRとは中立の立場の専門家が双方の意見を聞いて折衷案を提示する手続き  ADRは紛争解決を優先するため、使用できるケースが限られてい…

交通事故の被害者が弁護士相談に行くべきケース4選をご紹介 交通事故弁護士弁護士費用特約被害者

   弁護士に相談したほうがいい被害者の代表的なケースは主に4つ  弁護士に頼むメリットは慰謝料の基準や保険会社の対応を一任だが、デメリット…

シェアする