交通事故解決までの流れ

交通事故にあってから、事故の解決までに必要な流れをご紹介しています。特に重症な場合は後遺障害が残るケースもありますが、その際の保険会社とのやりとり、弁護士の相談など、対応内容によって慰謝料の金額も変わってくるケースもあります。事故の解決に向けて必要な情報をご紹介しています。

1.ケガの治療

事故被害にあい治療が必要となった場合加害者が加入している保険会社から損害として賠償をしてもらうことになります。

2.症状固定

治療を続けた結果、これ以上症状の改善が見込めないと判断した場合に医師側が症状固定の判断を行います。

3.後遺障害認定

事故の場合によっては後遺障害が残るケースがあります。
慰謝料などの示談金の金額を交渉する際にその際後遺障害等認定というものが必要になります。

4.慰謝料請求

慰謝料の金額はどのようにして決まるのか?
その金額を決める3つの基準とは?

5.示談交渉

交通事故にあったら示談交渉はどのように進められるのか交渉は誰と行うのか?いつ行うのがベストなのか?示談の流れ、方法に関する情報をご紹介しています。

交通事故の示談交渉は弁護士に依頼するべき?

交通事故の被害にあうと、通院中や入院中に保険会社との示談交渉が始まる場合もあり、事故のダメージが残っている中、専門知識もないまま専門家と対峙しなければなりません。

非常にハードルの高い交通事故の示談交渉。弁護士に依頼したらどのようになるのでしょう。交通事故示談アシストでは、実際に交通事故被害にあい、弁護士に依頼した方のインタビューをしました。

どのタイミングで弁護士に依頼したのか?、依頼するメリットとデメリットは?、弁護士費用はどの程度掛ったのか?など、気になる事をズバリお答え頂きました。

シェアする