交通事故によるケガの治療

交通事故治療

交通事故の治療を説明する女性の画像

交通事故によりケガを負ってしまい、治療が必要となった場合は、その治療費を加害者側の保険会社から損害として賠償してもらうことになります。

ここでは、その治療費について詳しく説明します。

損害賠償として認められる治療費

交通事故のリハビリをする被害者のイメージ画像

ケガの種類は事故により様々であり、ケガによって治療の方法も異なります。交通事故によるケガの治療費は、原則として、西洋医学に基づいて必要性があるかどうかが重要になります。そのため、西洋医学以外の治療方法は過剰診療、一般的な治療費をはるかに超える場合は高額診療とされ、損害賠償が認められない可能性があります。

また、損害賠償を請求する際、必ず医師による診断書が必要となります、そのため、医師の治療を受けずに整骨院などに通院した場合、損害賠償が認められない可能性があります。

過剰診療

診療行為に医学的な必要性や合理性が認められない場合

高額診療

診療行為に対する診療報酬額が一般の診療費と比べて著しく高額である場合

整体や温泉治療

事故の被害者に対して整体を行う整体師のイメージ画像整骨院やマッサージによる治療も医師の指示によるものであれば、治療費として認められるケースが多いです

また、医師の指示がない場合であっても、施術の必要性や有効性が認められる場合であれば、治療費の支払いが認められますが、期間や費用については制限がある可能性があります。加害者が任意保険に入っている場合は、治療を始める前に必ず保険会社に相談するようにしましょう。

ブラットパッチ治療

交通事故におけるケガで最も多い「むちうち症」の診断を受けた際に、治療法として近年「ブラットパッチ治療」を勧められることがあります。ブラットパッチ治療とは、一部の病院では取り入れられている先進医療の一つで「脳脊髄液減少症」に有効な治療方法です。

脳脊髄液減少症とは、脊髄の麻酔注射の際、刺した部分から脳脊髄液が漏出し、脳脊髄液が減少することで脳に負担がかかり、頭痛などがおきる症状です。主な症状は頭痛、頭部硬直、耳鳴り、聴力低下、光過敏、吐き気などがあります。

むちうち症とブラットパッチ治療の関係

ブラットパッチ治療は、脳脊髄液減少症に対する治療法ですが、近年、一部の医師からは「交通事故によっても脳脊髄が減少することがあり、それが原因でむちうち症に見られる頭痛などが発症する」という見解が示されました。

つまり、むちうち症の原因が脳脊髄液減少症と関係するのであれば、ブラットパッチ治療は有効になるという事になります。この見解はメディアなどで取り上げられ、脚光を浴びました。

先進医療は認められにくい

治療費が先進医療には認められにくいということに対するイメージ画像しかしながら、交通事故におけるムチ打ち症が、脳脊髄液減少症と関係があるという見解は、事故による外力が加わる事により、どこからどの程度の脳脊髄液が流れ出すのか明らかにされていない点、ブラットパッチ治療による改善例が多いとは言えない点などから、医学界においても十分な支持を得ていないのが現実です。

裁判例でも、脳脊髄液減少症を認めた判決はありますが、それは極めて稀なケースであり、認められていない事例が圧倒的に多いです。そのため、現時点では、脳脊髄液減少症を前提としたブラットパッチ治療については治療費の支払いが認められない場合が多いので、治療を希望する場合は、加害者側の保険会社に必ず確認をとるようにしましょう。

整骨院などに長期通院する場合の注意点

事故の直後にきちんと医師の診察を受けたとしても、整骨院などで長期間にわたる治療を続けた後、最初に診察を受けた医師に後遺障害診断書の作成を依頼した際に、断られてしまうといったケースもあります。

後遺障害診断書がなければ後遺障害等級が認定されないため、そうならないためにも整骨院などに通院している間も、定期的に医師による診察や治療を受けるようにしましょう。

症状固定後の治療費

重要!懸命な治療を続けたにも関わらず、後遺障害が残り症状固定と判断された後の治療費は、原則として請求することができません

症状固定は、これ以上は治療の効果が見込めないと判断された状態ですので、一通りの治療が終わった後に発生した治療費に関しては、不必要なものであると考え、損害として認められません。しかし、治療を行わなければ症状が悪化してしまうような場合は、症状固定後であっても、治療費の請求が認められるケースがあります。

ケガの治療費を保険会社へ請求するにあたり、交渉を有利に進めたい場合は弁護士への依頼がおすすめです!

交通事故でケガを負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは弁護士へ相談してみましょう。

【交通事故の示談を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

交通事故によるケガの治療に関する記事一覧

症状固定についてセカンドオピニオンとしての立場から被害者に説明する医師

交通事故の症状固定について

治療開始から6ヶ月以降に症状固定と医師からの診断があるのが一般的ですが、ケガの症状の程度によっては、6ヶ月以内の場合や症状固定まで数年かかる場合もあります。続きを読む

交通事故により被害者が植物状態になった場合の損害請求

交通事故において頭部などにケガを負ってしまった場合、被害者が植物状態になってしまうというケースがあります。続きを読む

交通事故の被害者の心因性問題や持病で入院・治療が長期化した場合

交通事故の被害者によっては、その被害者の心や性格の問題、もともとの持病が原因で入院や通院期間が通常より長くなることもあります。続きを読む

医師への謝礼を被害者は損害として加害者に賠償請求することが可能か

被害者の中には、お世話になった担当医師へお礼を渡したいと考える方もいます。しかし、この費用も本来事故に遭わなければ必要なかった出費です。続きを読む

交通事故による後遺障害/後遺障害慰謝料/後遺障害等級認定

交通事故に遭って怪我をした場合、治療をしたとしても完全に回復するとは限りません。例えばムチ打ちになった場合、一生手足のしびれや痛みなどの後遺症が残る場合もあります。続きを読む

シェアする