【交通事故体験談】見通しのいい交差点で車と衝突。車体が体に少し乗っかるも大事には至らず

乗用車交差点保険会社徒歩打撲示談自転車

車にはねられる高齢の被害者と驚く運転手のイメージ画像

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、見通しのいい交差点で車と衝突した40代女性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 信号機が青になったので歩いた途端、車に跳ねられた40代女性
相手の保険会社の誠意を強く感じた。示談金も早々に振り込まれて不快な思いを一切感じず治療に専念した。
  • 被害者の年齢・性別:40代女性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:徒歩
  • 交通事故が発生した場所:信号のある交差点
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

信号が青の交差点、気づいたら車と衝突

被害者が渡ろうとした青信号のイメージ画像

とても見通しが良い交差点を、青信号になったので渡っていました。数歩足が出たところで左折して車が一瞬見えましたが、そのまま私の体にバンと車が当たってきて私はこけてしまいました。

その時に相手の自動車が私の体に少し乗ってしまい、痛いと思った時には周りにいた人が集ってきて、大丈夫ですか?大丈夫ですか?と大事になってしまい、その事は凄く恥ずかしいと本能的に感じたのか、一瞬で立ち上がり思わず大丈夫ですと言ってしまいました。

周りの方は救急車を呼んだほうがいいと言いましたが、大事にしたくないのでタクシー拾って病院へ向かう事を選びました。相手の車の方も病院まで後ろから着いてきたと言うのが事故の時の全貌です。

被害者のケガの程度 全身打撲
右腰の痛み
擦り傷
入院期間 ×
通院期間 3ヶ月以上
リハビリ期間 1~3ヶ月以内
後遺症の有無 ×

全身の打撲で骨折はありませんでした。腰付近に車が当たったので、右腰がかなり痛く、転んだので擦り傷は出来ていました。治療は腰を牽引して、その後足を温めて電気治療気を行いました。理学療法士さんのストレッチとマッサージが週に1度ありました。

交通事故の示談交渉について

示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 任意保険
相手からの支払い 非公開
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★☆☆(不満なし)

示談交渉の過程

保険会社の誠意があり、スムーズな対応のおかげでリハビリの励みに

スムーズな対応をする保険会社のイメージ画像

相手方の保険会社の対応には少しだけ好感が持てました。

その理由は、私よりかなり酷い事故にあった人の話なのですが、その後治療中にも関わらず保険会社から数日に1度は電話連絡があり、治療の様子やどのくらいまで回復にむかっているのですか?

どのくらい治療期間がかかりそうですか?などと、毎回焦らせる連絡が入り、その人は保険会社に対して凄く不快な思いをしたと聞いていたからです。

ですが私を担当した保険の方は、その様な内容の電話は治療中に2度程度でしたし、引っ越し等で今までの病院へ通えなくなります……との連絡もスムーズに手続きをしてくれました。

なので、本当に相手側の誠意を感じた事も精神的に凄く良くて、その事が少しでも早くリハビリへ通い頑張ろうと思えました。

もしそこで、数日に1度のペースでどんな感じなのか?聞かれたら、きっと不快感を感じたと思います。

治療も早く進み、示談金の入金もスムーズに行われた。

すぐに入金された示談金のイメージ画像

最終的には治療が思ったより早く進み、体の痛みも完全に取れてきたので、こちらから連絡をしましたが、すぐに示談金の提示をしてくれて、その後も速やかに入金をしてくれましたので一度も嫌な気持ちになる事はなく、体も回復をしました。

幸い後遺症なども全くなかったので、その後は一度も通院する事もありませんでした。事故は辛い経験でしたが、相手と相手側の保険会社の誠意を感じたので良しとしました。

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★★☆(依頼を検討したい)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

弁護士と手を取り合う被害者のイメージ画像

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。

被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】停車中のドアが急に開いて衝突。保険がきかず自分1人で交渉も相手側のひどい態度 バイク乗用車保険会社加害者慰謝料示談

相手の車は路肩に寄せて停車している状態でした。私は原付に乗って仕事の得意先を回っている途中で、その車の横を通り過ぎようとしたその時運転席後ろのドアが急に開きそこにぶつかり転倒しました。

【交通事故体験談】幹線道路で徐行中に後方車両からの追突。慰謝料の少なさに納得がいきませんでした。 ムチ打ち乗用車慰謝料示談追突

いわゆるオカマ。後方からの追突事故です。こちらの車両は、幹線道路で信号待ちから青信号に変わり発車しましたところ、次の信号機の手前で追突されました。

【交通事故体験談】カーブでの追い抜き時、不要な幅寄せで接触。保険会社の機械的な対応に不満。 保険会社加害者大型車両打撲示談自転車

買い物の帰り道、公道を自転車で走行していました。歩道の無い道で法規則に則り左側通行で出来る限り左端に寄せて通っていたのですが、後方から同じ進行方向に走ってきた企業のトラックがカーブの最中に私の自転車を追い抜こうとしました。

【交通事故体験談】路上駐車の車が後方確認を怠り、急発進。相手側の不誠実な態度にいら立ち。 バイク乗用車保険会社弁護士打撲示談

事故にあったのは住宅街に面した道路でコンビニエンスストアなどもある通りですので、そこまで狭い道路ではありませんでした。

シェアする