交通事故の加害者になってしまった場合

公開日:2015/11/26
最終更新日:2018/08/02

454人が閲覧しました

交通事故人身事故加害者損害賠償

ナビ夫

交通事故に遭った時、被害者ではなく加害者になった場合も対処方法がわからず混乱してしまう事が考えられます。また交通事故の加害者は、事故の状況によっては刑事事件にまで発展してしまう可能性もある為、気が休まることがありません。

そこで交通事故の加害者になった場合、どのような対応をしていけばよいのか、解説をしていきます。

交通事故の加害者になった場合に知っておきたいこと

交通事故の加害者になった後の対応がわからず、また警察も出て事情聴取を受けるため、気が動転してしまう人もいるのではないのでしょうか。交通事故の加害者が事故直後にするべきことや、また加害者以外でも損害賠償の対象になるパターンについてお答えしていきます。

加害者の義務について

義務を怠れば罰金の可能性も。交通事故後に加害者がやるべきこと(対処)とは?

交通事故を起こしてしまったらまず何をすればいいのか。警察を呼ぶべきか、それとも……。実は交通事故の加害者は法律によってするべき義務が定められています。その義務とはどのようなものか、見ていくことにします。

加害者への請求

損害賠償の請求先は加害者だけとは限らない-加害者以外にも損害賠償を請求できる5つのケースを解説!

交通事故を起こした人=加害者だけだと思っていませんか?実は同乗者や車両の持ち主といった事故とは間接的な絡みの人でも場合によっては被害者に訴えられることがあるのです。

交通事故の加害者に関する記事一覧

加害者損害賠償
加害者になった場合の注意点 交通事故加害者示談

   示談代行付き自動車保険に加入していないと加害者本人が示談交渉に赴く事になる  加害者として責任を果たすのは当然の義務だが不当な請求に応…

義務を怠れば罰金の可能性も。交通事故後に加害者がやるべきこと(対処)とは? 交通事故加害者被害者

   交通事故の加害者は事故直後の義務があり、怠ると3年以下の懲役または20万円以下の罰金を支払う  警察に通報する際、4つの事柄を必ず報告…

交通事故の被害者としてこれだけは知っておきたい、たった4つの警察対応方法! 交通事故加害者慰謝料損害賠償被害者

   被害者に事情聴取をしてそれらをまとめた警察が「被害者供述調書」を作成する  「供述調書」は一度署名拇印をしたら内容の書き直しはできない…

交通事故の被害者が医師への謝礼を損害として加害者に賠償請求することが可能なの? 交通事故加害者損害賠償治療

   事故の治療と回復に因果関係がある場合、医師への謝礼が損害賠償として含まれるケースがある  適用されるのは医師への謝礼のみであり、接待費…

損害賠償請求権にも存在する時効。示談はいつまでに始めればいい? 交通事故加害者損害賠償示談交渉被害者

   被害者請求権(被害者から加害者への賠償請求)は3年で時効になる  時効は加害者と事故の損害を知った日が起算日  請求権の時効起算日は中…

交通事故の示談交渉で作成する示談書や免責証書の違いについて徹底解説! 交通事故加害者損害賠償示談交渉被害者

   示談書は事故の当事者全員の署名、免責証書は被害者だけの署名が必要  免責証書は「この賠償金を受け取ったら、相手に対して一切の追加請求を…

交通事故の示談を保険会社を使わず自分で行う場合のメリット・デメリット 交通事故加害者損害賠償示談交渉被害者過失割合

   自分で行う示談交渉のメリットは自分の意見をしっかりいえること  逆にデメリットは精神的に疲れる上、金額の相場がわからないこと  保険会…

シェアする