【交通事故体験談】T字路で急に飛び出してきた車と衝突。相手が過失を認めない!弁護士に任せて正解だった

公開日:2016/10/06
最終更新日:2018/05/24

398人が閲覧しました

バイク乗用車弁護士弁護士特約示談過失骨折

交通事故直後の車と原付バイクの写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、バイクを運転中、T字路で急に飛び出してきた車と衝突事故を起こした20代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 バイクで走行中、T字路で飛び出してきた自動車に接触した20代男性
弁護士特約に入っていたので弁護士に依頼。1年経過しても未だ示談が続いている
  • 被害者の年齢・性別:20代男性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:バイク
  • 交通事故が発生した場所:信号のない交差点
  • 加害者の保険加入状況:自賠責保険のみ

T字路で急に車が飛び出してきて衝突

被害者が事故に遭った場所のイメージ画像

バイクで、私がメインの道路を運転していました。ですが、下り坂にさしかかり坂道の終わりで左側が一時停止の道路となっており、T字路の様な道になっていました。

私は坂道ということもあり少々速度がでていたのですが、左側をみると車が見えましたので速度を落とし事故が起こらないように注意して走行を続けていました。

T字路に差し掛かった直後に相手方が急に飛び出してきてしまい、私のバイク前輪部分めがけて追突しそうになりました。

一度立ち上がるもすぐに意識がなくなってしまった

救急車に緊急搬送される被害者のイメージ画像

私はびっくりして急ブレーキと相手の車がいない方向へハンドルを切ったのですが間に合わずそのままぶつかり転倒してしまいました。

私はそのまま立ち上がりバイクを起こしたまでは良いのですが、急に視界が暗くなり、通行人の呼びかけも聞こえなくなり救急車に運ばれたという記憶が残っています。

被害者のケガの程度 左鎖骨骨折
入院期間 ×
通院期間 3ヶ月以上
リハビリ期間 ×
後遺症の有無 ×

仕事が休めないため入院はしなかった

鎖骨骨折を言い渡されたのですが、入院するのも入院費がかかってしまうこと、仕事上休めないためなんとかしてほしいと伝えたところ肩を固定するギプスをつけながら安静にするという条件で入院はしなくてもよいと言われました。

ひどい痛みに耐えながらの生活

当初はなにをしようにも痛みがあり、入院していたほうが楽だったのではと思うほどで、痛み止めを飲んでも数時間でまた激痛がきてしまうというまさに地獄の様な期間でした。

くしゃみなどしようものなら声にならないほどの痛みが全身を駆け巡り悶えていたのを覚えています。

リハビリというリハビリはせずとも回復してくると自然と活動域が広がり、さほど痛みもなくなってくるのであまり動かさずに生活をするだけで完治へと向かって行きました。事故後の1ヶ月は苦痛しかなかったので辛かったです。

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 現在交渉中
示談交渉の弁護士への依頼
加害者の保険 自賠責保険のみ
相手からの支払い 現在交渉中
慰謝料 現在交渉中

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★☆(満足している

示談交渉の過程

相手側が過失を認めない。弁護士に任せてよかった

弁護士に一任した被害者のイメージ画像

任意で弁護士を雇う料金を無料にしてくれる保険(特約)に加入していたので、私自身も身体が動かせないということと、仕事をしなければいけないのですべて弁護士さんへ任せることを決めました。

依頼して変わった事というのは特にないのですが、相手方が、1年が過ぎた今でも過失を認めないということで、まだ続いてしまう特殊なケースだと弁護士さんに言われた時は、任せてよかったなと思いました。

長続きしてしまうとそれだけ時間がそちらへとられてしまうので、任せてしまうことで代理として話をすすめていただけるからです。

▼この男性が使用した弁護士費用特約についてはこちら▼

交通事故で弁護士に相談したい|弁護士費用特約を使うメリットとデメリットを徹底解説

弁護士とお互いの意見を交換。安心・信頼して任せることができた

そして、いままで弁護士を雇うほどの事故や事件に出会ったことがないため、普通というのがわかりかねてしまうのですが、今回担当してくれた弁護士さんは、経過報告等はもちろん自身の意見を私にも伝えてくれました。

「こういう流れなのでこうしたほうが良いですが○○さんはどう思いますか?」と私の意見も必ず聞いた上でその後の方針を決めてくれていたので、分からないことがあったら質問もしやすく安心してまかせられる人だなと感じていました。

弁護士に依頼していなければ面倒なことになっていたかも…

示談交渉が面倒なことになっている事を示した画像

前述しましたが、相手方が過失を認めないため手続きが難航しているようですが、今のところ私の方に被害というのがないので、もし弁護士さんに依頼せずに話をすすめていたらもう少し厄介になってしまっていたのかなと思います。その点で今でもとても担当の弁護士さんには感謝しています。

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★★★(必ず依頼する)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

資料を受け取り座るよう指示する弁護士のイメージ画像

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。

被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

check・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】交差点を横断する自転車を左折車が巻き込む形の接触事故。手慣れた保険会社の対応で滞りなく解決に 乗用車交差点保険会社打撲示談自転車

当時私は大学生だったので自転車で通学していました。その通学中一度だけ車と接触した事がありました。

【交通事故体験談】停車中のドアが急に開いて衝突。保険がきかず自分1人で交渉も相手側のひどい態度 バイク乗用車保険会社加害者慰謝料示談

相手の車は路肩に寄せて停車している状態でした。私は原付に乗って仕事の得意先を回っている途中で、その車の横を通り過ぎようとしたその時運転席後ろのドアが急に開きそこにぶつかり転倒しました。

【交通事故体験談】交通事故被害の示談を弁護士に依頼された方インタビュー 乗用車保険会社弁護士示談骨折

今回当サイトのインタビューに協力してくださったのは、東京都在住でイベント会社に勤務されている女性Oさん。2013年5月、当時27歳だったOさんは秋田県の実家に帰省中、交通事故に遭われました。

【交通事故体験談】交差点で後方から左折してきた車に巻き込まれ接触。納得のいかない保険会社の対応、弁護士へ依頼 乗用車交差点保険会社弁護士示談自転車骨折

私が自転車に乗っていて、丁度車道の進行方向側を走行しているとき信号のある交差点に差し掛かりました。

シェアする