交通事故による休業損害について

公開日:2015/11/26
最終更新日:2018/06/29

556人が閲覧しました

交通事故休業損害

ナビ夫

交通事故に遭った時、怪我のせいで入院したり通院したりして仕事を休まなくなってしまい、その休んだ分の収入や利益を加害者に損害賠償として請求できるって知っていましたか?

交通事故の休業損害について知っておきたいこと

この「休業した分の収入や利益を請求する」ことを休業損害といいます。ただ働いている形態によって金額ももちろん変わります。また、収入によって変化があるのか、計算方法はどうするのか、紹介していきます。

休業損害の計算方法について

交通事故に遭った時のために知っておくべき、勤務体系別・休業損害(休業補償)の計算方法

交通事故が原因で仕事を休んだ時に発生する損害(主に収入)を休業損害といいますが、こちらは勤務の内容によって計算形式が変わります。この記事では休業損害の勤務体系別の計算方法を詳しく説明しています。

自営業者の休業損害の請求について

自営業者が交通事故に遭った場合…仕事ができない期間の「休業損害」をきちんと請求するには?

休業損害の請求は第三者による休業損害証明書を提出すればよいのですが、第三者がいない自営業者が休業損害を請求するにはどのように行えばよいのか。この記事では自営業者が休業損害を請求するための3つのポイントを紹介しています。

交通事故の休業損害の体験談を見る

弁護士の介入により休業損害が認められ、示談金が増額するケースも

交通事故で怪我を負った場合、こちらが求める休業損害の金額よりもはるかに低い金額を保険会社から提示されることがあります。この点、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、休業損害が認められ、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の示談や休業損害交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

休業損害に関する記事一覧

慰謝料請求損害賠償請求
自営業者が交通事故に遭った場合…仕事ができない期間の「休業損害」をきちんと請求するには? 交通事故休業損害慰謝料請求損害賠償請求被害者

   交通事故に遭った結果、手に入らない賃金を休業損害という  自営業者の休業損害請求は国や病院などの第三者が介入した書類をもとに作成  休…

自営業者が交通事故に遭った場合…仕事ができない期間の「休業損害」をきちんと請求するには? 交通事故休業損害慰謝料請求損害賠償請求被害者

   交通事故に遭った結果、手に入らない賃金を休業損害という  自営業者の休業損害請求は国や病院などの第三者が介入した書類をもとに作成  休…

損害賠償の内訳の一つ、積極損害と消極損害って何だろう? 交通事故休業損害弁護士費用慰謝料損害賠償請求

   交通事故の損害賠償は「財産的損害」「精神的損害」に別れる  積極損害は交通事故に遭ったために「支払った」お金  消極損害は交通事故に遭…

主婦でも休業損害が貰えるか悩む女性のイメージ画像 主婦も交通事故による休業損害を請求できる!休業損害の計算方法と請求手順について徹底解説 主婦交通事故休業損害損害賠償請求

   専業主婦や兼業主婦も休業損害を請求できる  専業主婦の1日の収入は「賃金センサス」で求める  主婦の休業日数は規定がない為、保険会社と…

シェアする