交通事故の過失割合について

公開日:2015/11/26
最終更新日:2018/08/06

773人が閲覧しました

交通事故過失割合

ナビ夫

交通事故に遭った時、加害者と被害者でどちらがどれだけ悪かったのか?というのを決める際に過失割合という言葉が使われます、過失割合は事故の種類や状況によってある程度元々決まっているのですが、納得いかないケースも少なくないようです。

ここでは事故内容や状況による過失割合の決まり方や事例をご紹介しています。

交通事故被害者が知っておきたい過失割合の決まり方について

交通事故において必ずでてくる過失割合。それらは事故の状況によって変動していくのです。そして過失割合は被害者と加害者の悪い度合いを警察が決めた事柄の為。

交通事故の示談交渉においてとても重要なのです。そこで今回は交通事故と過失割合についてみていくことにします。

過失割合はどのように決まるのか

交通事故の過失割合の決まり方を徹底解説!有利に認めてもらうためには“証拠集め”が重要

過失割合の決まり方と、有利に認めてもらうための方法についてご紹介

過失割合に納得が行かない場合の3つの対処法

交通事故の過失割合に納得がいかない被害者がとるべき対処方法3選

過失割合は損害を賠償する度合いを決める大切な指針です。真っ向からぶつかり、納得のいかない結果になることもあり得ます。

自動車事故の過失割合の決まり方

【四輪車同士(自動車 対 自動車)】の交通事故における過失割合

交通事故で一番多いのが車同士の事故。過失割合も事故の内容によって常に変動します。

歩行者事故の過失割合の決まり方

【人(歩行者) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合

交通事故において被害者になりやすいのは自身が歩行者で相手が車の場合。歩行者と自動車の事故の過失割合の決まり方について。

自転車事故の過失割合の決まり方

【自転車 対 四輪車】の交通事故における過失割合

車と自転車の事故における過失割合は基本的には車のほうが過失割合が高めになります。                        

バイク事故の過失割合の決まり方

【単車(バイク) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合

車とバイクの事故における過失割合は基本的には車のほうが過失割合が高めになります。

交通事故の過失割合に関するよくある質問と答え

1 交通事故の過失割合は、誰が、どのように決めるの?

りんね
交通事故の過失割合は、誰が、どのように決めるの?
アシスト爺ちゃん

交通事故事案のほとんどが和解と呼ばれる話し合いによって解決していることを知っておるかのう。

この場合、過失割合は加害者またはその保険会社と被害者の話し合いによって決まる。事故現場の状況や当事者の運転状況などさまざまなことを考慮して決めることになろう。

もし当事者間の主張が明確に対立していれば話し合いではまとまらず、裁判を提起することになるじゃろう。裁判になったあとでも和解で解決することはあるが、もし判決となれば過失割合は裁判所が決めることになるのう。

この質問に関しての詳細はこちら

2 交通事故の過失割合は人身事故や物損事故によって変わるものなのか?

りんね
交通事故の過失割合は人身事故や物損事故によって変わるものなの?
アシスト爺ちゃん

とある交差点で自動車同士の接触事故が2件起きたとしよう。1件目は酒に酔った運転手が信号を無視した結果自動車と接触した事故、2件目は直進車と左折車の接触事故。

1件目のケースは幸い物損で済み、2件目は被害者が加療3カ月のケガを負ったと仮定しよう。1件目と2件目の加害者のどちらのほうが重い責任を負うのかといえば、当然1件目の事故じゃな。被害者がケガをしたからといって、責任が重いのは2件目の加害者だとは言えん。

人損事故か物損事故かは結局のところ結果でしかないから、過失割合を左右するものではないのう。

この質問に関しての詳細はこちら

3 相手の不注意で起こった接触事故の場合、自分の過失割合はどうなるのか?

りんね
相手の車が後方にバックをしたことで起こった接触事故の場合、自分の過失割合はどうなるの?
アシスト爺ちゃん

過失割合は最終的な保険金額を大きく左右するから、多くの被害者が気にするところじゃのう。しかし、過失割合は具体的な状況によって変化するから、過失割合を見積もるには詳しく事情を聴かねばならん。

たとえば、駐車場で誰が見ても被害者の車がその場所に停車しているのは明らかな状況で、加害者だけよそ見をしていて被害者の車に接触してきたとしよう。このとき被害者にはどうすることもできないのじゃから、過失が全く認められない可能性もある。

これに対して、もともと被害者が違法駐車をしていた場合はどうじゃろうか。そこに車がいること自体が想定できない場合には加害者とされる人物より大きな過失が認められるかもしれんのう。

この質問に関しての詳細はこちら

4 休日に交通事故に遭った場合でも休業損害証明書を提出しなくてはいけないの?

りんね
休日に交通事故に遭った場合でも休業損害証明書を提出しなくてはいけないの?
アシスト爺ちゃん

交通事故に遭い仕事を休まなければならなくなった場合には、その分の給与などを補う休業損害を受け取れる。

その請求のために必要になるのが、勤務先が休業した日や減収の有無を記載する休業損害証明書じゃ。休業損害を請求するためには、ほぼ間違いなく休業損害証明書が必要になると考えたほうがよかろう。

だから、休日に事故に遭い、次の日からいつもどおり仕事ができたような場合を除いて、休日に交通事故に遭った場合でも休業損害証明書を作成・提出したほうが良いな。

この質問に関しての詳細はこちら

5 専業主婦や家事手伝いの人は休業損害は請求できるのか?もし請求できる場合はどこに請求するのか?

りんね
専業主婦や家事手伝いに該当する人が交通事故に遭った場合、休業損害は請求できるの?もし請求できる場合はどこに請求すればいいの?
アシスト爺ちゃん

専業主婦が弁護士に「休業損害を請求できるのか」と尋ねるケースは実に多いんじゃ。たしかに、誰かから給与をもらっているわけではないから、請求できないと考えてしまっても無理はない。

だが、家政婦を雇おうとすればお金が必要になるのだから、家族であっても自分以外の誰かのためにする家事は仕事として評価できると考えられておる。

家事手伝いの人の場合、普段からどのくらい家事を手伝っていたのかにもよることになろうが、休業損害を請求できるケースはある。治療費や慰謝料などと同じように保険会社に請求するんじゃ。

この質問に関しての詳細はこちら

交通事故の過失割合の体験談を見る

保険会社が提示してきた過失割合に納得がいかない場合は弁護士への依頼がおすすめです!

交通事故で被害者になった場合、どうしても過失割合に納得がいかないことがあると思います。そんな時は、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【弁護士に過失割合の交渉依頼をするメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。
・怪我をしている中で交渉にかかる精神的な負担も省ける。

↓  ↓  ↓

交通事故の過失割合に関する記事一覧

自動車歩行者自転車バイク
【自転車 対 四輪車】の交通事故における過失割合 交通事故人身事故自動車自転車過失割合

   基本的に自動車のほうが過失割合が高い  わき見運転、スマホ運転、夜間に点灯しない運転を自転車がした場合は自転車の過失割が高くなる  当…

【四輪車同士(自動車 対 自動車)】の交通事故における過失割合 交通事故人身事故加害者自動車被害者過失割合

   状況に応じて被害者と加害者の立場が変わるため、衝突車双方の過失割合が細かく定められている  追突事故は原則として追突した車が原則として…

【単車(バイク) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故自動車過失割合

   基本的に自動車のほうが過失割合が高くなる  赤信号で交差点直進の事故以外はほぼ車の割合が高い  スピード違反や改造車、酒気帯び運転など…

【非接触事故】接触なしの交通事故では過失割合や慰謝料はどうなる? 交通事故慰謝料損害賠償自動車被害者過失割合

   接触事故を防ぐために相手の車を避けて損害を被る事故を「非接触事故」と呼ぶ  被害者になったら警察を呼んで交通事故証明書を発行してもらう…

【人(歩行者) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故歩行者自動車過失割合

   交通事故における「車」には自転車、バイクも含まれる  基本的に車のほうが過失割合が高い(仮に歩行者が信号無視をしても車の過失割合がゼロ…

高速道路上での交通事故における過失割合 交通事故人身事故自動車過失割合

   高速道路には運転者の義務がある  高速道路は通常の道路と過失割合が変わっている  運転者の義務を怠った場合、過失割合は通常より重く評価…

【人(歩行者) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故歩行者自動車過失割合

   交通事故における「車」には自転車、バイクも含まれる  基本的に車のほうが過失割合が高い(仮に歩行者が信号無視をしても車の過失割合がゼロ…

【自転車 対 四輪車】の交通事故における過失割合 交通事故人身事故自動車自転車過失割合

   基本的に自動車のほうが過失割合が高い  わき見運転、スマホ運転、夜間に点灯しない運転を自転車がした場合は自転車の過失割が高くなる  当…

【単車(バイク) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故自動車過失割合

   基本的に自動車のほうが過失割合が高くなる  赤信号で交差点直進の事故以外はほぼ車の割合が高い  スピード違反や改造車、酒気帯び運転など…

【人(歩行者) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故歩行者自動車過失割合

   交通事故における「車」には自転車、バイクも含まれる  基本的に車のほうが過失割合が高い(仮に歩行者が信号無視をしても車の過失割合がゼロ…

シェアする