【交通事故体験談】いつも使ってる車の通りが少ない道だから大丈夫…。自転車でスピードを出していたら車と衝突

公開日:2016/10/07
最終更新日:2018/05/26

257人が閲覧しました

乗用車保険会社捻挫示談自転車骨折

スクールゾーンの写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、自転車でスピードを出していたら車と衝突してしまった20代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 坂道で自転車に乗りスピードを出していたら出会いがしらに車と衝突した当時学生の20代男性
長引かせたくないため双方喧嘩両成敗で負担しつつ示談締結に。
  • 被害者の年齢・性別:20代男性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:信号のある交差点
  • 加害者の保険加入状況:自賠責保険のみ

車の通りも少くいつも通っている道、スピードを出していたら

被害者が事故に遭った坂道のイメージ画像

学校の帰り道に大きな坂があり、友達と共に思いっきりスピードを出して競争するのが日課みたいな感じになっていました。

住宅地なのでほとんど車の出入りはなく、またスクールゾーンなので時間により車の出入りが禁止されている区域でした。

自分が事故にあった時間はぎりぎり禁止が解除されていたようで、そこを通った地元民ではない方の車と接触。車のボンネットと前輪がぶつかりめり込む形でフロントガラスに叩き付けられました。

咄嗟に背を向けたので傷は少なくすみましたが、衝撃は凄く車体を1度バウンドして地面に落ちました。友達も自分が転ばした自転車に巻き込まれ近くで転んだようでした。

被害者のケガの程度頬骨、鼻の軟骨骨折
足首捻挫
腕に切り傷
入院期間×
通院期間1ヶ月以内
リハビリ期間×
後遺症の有無×

背中に細かい傷が多数、腕に打撲と切り傷、足首捻挫、鼻の軟骨を骨折。ほお骨にひびが入っていて、折れていたら眼球が落ちていたかも知れなかったそうです。

鼻が骨折したのでガーゼ等で固定して貰ったくらいで自然に完治しました。車の破損から見ると奇跡的な怪我の軽さだったみたいです。ほお骨のひびも数ミリ程度でした。

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間1年以内
示談交渉の弁護士への依頼×
加害者の保険自賠責保険のみ
相手からの支払い治療費
自転車代(3割)
慰謝料

非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★☆(満足している)

示談交渉の過程

双方納得のいく結果で円満な解決

交通事故の示談の円満な解決を示しているイメージ画像

ほとんどの作業を親がしてくれたので余り深くは分かって居ませんでしたが、警察と共同して現場検証、怪我のお見舞いなど結構良くしてくれました。

もしかしたらなるべくお金を払いたくないから頑張ったのかも知れないですが、自分も悪かったので割と早く決着が付きました。

もちろん、加害者の方から治療費等は負担して貰いました。自賠責でも結構丁寧なんだなと感じました。双方共に納得のいく結末だったので保険会社さんにそれ程不満も無く、寧ろ円満な解決を望んでくれていたようなので楽でした。

両親も余り事故の事を深く追究したいわけでも、長引かせたいわけでも無いのでほぼやり取りは無かったです。車の修理費などは三割負担で良いとのことだったので助かりました。

自分の自転車の費用も三割いただけました。両成敗で解決したので保険会社の方もそれ程気合いを入れて動いている訳では無いみたいでした。

事故後、配慮の足りなさを感じた

配慮の足りなさに悩む被害者のイメージ画像

不満な点があるとすれば、事故を起こした1~2日後くらいから色々話をしなくてはいけなかった事です。警察も絡んでいたので拒否はしませんでしたが、療養中だったためもう少し落ち着いてからにしてほしいと思いました。

Q:今後事故に遭われた場合弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★★★(必ず依頼する)

ケガの治療費を保険会社へ請求するにあたり、交渉を有利に進めたい場合は弁護士への依頼がおすすめです!

怪我で通院する被害者のイメージ画像

交通事故でケガを負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは弁護士へ相談してみましょう。

【交通事故の示談を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】交通事故被害の示談を弁護士に依頼された方インタビュー 乗用車保険会社弁護士示談骨折

今回当サイトのインタビューに協力してくださったのは、東京都在住でイベント会社に勤務されている女性Oさん。2013年5月、当時27歳だったOさんは秋田県の実家に帰省中、交通事故に遭われました。

【交通事故体験談】信号無視の車に轢かれ骨折。自動車はひき逃げ。私にも過失があると言われ弁護士をつけて裁判に 乗用車弁護士徒歩示談過失骨折

深夜1時頃、私はそうとう酒に酔っていました。 タクシーがなかなか捕まらなかったので、向こう側の車線に移動しようと思い信号が青になるのを待っていました。

【交通事故体験談】小学生の頃、安全確認をせず道路へ飛び出し車と接触。大きな怪我はなく示談もスムーズに 乗用車保険会社加害者示談自転車

私が小学生の時、部活が終わり友達と自転車で帰ろうとしていた時です。学校の裏門をでるとすぐに道路に出るのですが、当時道路に出る門の近くにはたくさんの木が生えており、車が来ても全くわかりませんでした。

【交通事故体験談】交差点で車と衝突。初めての事故で不安だったが保険会社の対応に助けられた 乗用車交差点保険会社打撲示談自転車

10月の晴れた日の16時頃、私が歩道を自転車で直進していたところ20mほど先の信号のない交差点にセダン型の乗用車が停まっているのが見えました。

シェアする