医師への謝礼を被害者は損害として加害者に賠償請求することが可能か

被害者の中には、お世話になった担当医師へお礼を渡したいと考える方もいます。しかし、この費用も本来事故に遭わなければ必要なかった出費です。

ここでは、このように担当医師への謝礼にかかった費用は加害者側に請求することが可能であるか説明します。

医師への謝礼は賠償の対象となるのか

交通事故における損害賠償は、ケガの治療そのものにかかった費用に対してのものであり、治療を担当した医師への謝礼は、損害賠償には含まれないと考えてしまいがちです。

必要なのは因果関係

しかし、交通事故によるケガが医師の的確な治療により、回復までの期間が通常より短く済んだなどの事情があった場合、被害者が医師にお礼をしたいと考えるのは自然なことです。また、早期に治療が済んだことにより、治療費や通院の際の交通費などの費用が通常より少なくなるため、加害者側の負担も軽減されることになります。

つまり、的確な治療と早期の回復の間に、直接の関係がある、つまり因果関係が認められた場合には、医師への謝礼も損害賠償の一部として認められることがあります

損害賠償として認められる金額の相場

裁判所においても、医師への謝礼は社会通念上で妥当な金額である限り損害として認める傾向にあります。ちなみに、社会通念上で妥当な金額としては、数千円~数万円程度です

しかし、入院中の見舞い客に対してのお礼や快気祝い、接待費などについての費用は、ケガを負ったことにより必要となる費用とは考えづらいため、損害賠償として認められません。

損害賠償として認められない場合も

一般的には、妥当な範囲であれば認められている医師への謝礼ですが、裁判で認められなかった例もあり、必ずしも認められるとは限りません

認められなかった理由としては、「そもそも謝礼とは、被害者が感謝の気持ちを表現するものであり、その気持ちを損害賠償として加害者に請求するのはおかしい」といった意見や「公的機関の医師が謝礼を受け取ることは、賄賂を受け取ることであり、それを認めるのはおかしい」などの加害者側の意見が認められたケースです。

謝礼を渡す必要性の証明が求められる

しかし、担当医師のお陰で一命を取り留めることができた場合や、担当医師が被害者の為に医療機関を探し、その結果ケガが早く完治した場合などは、損害内容として謝礼が認められる可能性は高いです。

加害者側の保険会社の立場としては、保険金を少しでも減らしたいという気持ちが当然あるので、示談交渉の際に、医師への謝礼を損害として認めるどうかについて、否定的な意見を主張してくる可能性はあります。そのため、謝礼を損害賠償として請求する場合、謝礼の必要性を主張できるようにしておくことが大事です。

関連する記事一覧

交通事故の示談交渉は弁護士に依頼するべき?

交通事故の被害にあうと、通院中や入院中に保険会社との示談交渉が始まる場合もあり、事故のダメージが残っている中、専門知識もないまま専門家と対峙しなければなりません。

非常にハードルの高い交通事故の示談交渉。弁護士に依頼したらどのようになるのでしょう。交通事故示談アシストでは、実際に交通事故被害にあい、弁護士に依頼した方のインタビューをしました。

どのタイミングで弁護士に依頼したのか?、依頼するメリットとデメリットは?、弁護士費用はどの程度掛ったのか?など、気になる事をズバリお答え頂きました。

シェアする