【交通事故体験談】自身の不注意による接触事故。相手側の保険会社含めた迅速な対応でスムーズに解決。残った不安要素

乗用車保険会社打撲示談自転車

事故直前横からやってくる車に気が付いた自転車に乗る被害者の画像

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、自分の不注意で自動車との接触事故を起こした40代女性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 左右確認を怠り交差点に出たところ、車にはねられた当時未成年の40代女性
保険会社の迅速な対応で示談締結になるも、事故後の痣が気になる結果に。
  • 被害者の年齢・性別:40代女性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:住宅街の狭い道路にある信号のない交差点
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

左右確認を怠り車と衝突、自身はその場からすぐに立ち去ってしまった

車と衝突する被害者のイメージ画像

朝、友人と狭い道から左右を確認せずに一車線の道路へ自転車で右折したら、右の方から走ってきた自動車に自転車の前の車輪を引っ掛けられてはねられました。

自分は体重が重かったのでその場に尻もちをついてしまっただけでしたが、自転車は軽かったので田んぼに飛んでいってしまいました。

女性のドライバーが降りてきてとても心配してくれたのですが、自分が悪いと思い、学校に遅刻しそうだったこともあり、早々に自動車の運転手が出てくる前に立ち去りました。

学校に着いたところ職員室に呼び出され、仕方なく職員室に行きました。職員室には私をはねた女性が待っていました。

被害者のケガの程度 足の脛の青あざ
入院期間 ×
通院期間 1ヶ月
リハビリ期間 ×
後遺症の有無 ×

ドライバーの方が病院に連れて行ってくれましたが医者には何も心配はないと言われました。
怪我自体は日常生活が普通に送れる程度のものでなんともなかったのですが、青アザが日に日に大きくなり学校の教師たちに心配されました。

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 任意保険加入
相手からの支払い 非公開
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★☆(満足している

示談交渉の過程

相手側の迅速な対応

迅速な対応をしている保険会社のイメージ画像

まだ学生だったため親が相手のドライバーさんと交渉したこともあり、金額の寡多についてはほとんど何も気になりませんでした。

保険会社の良かった点は対応が保険会社にしては早かったことだったと思います。

私の母親はかなりせっかちな性格でいつも忙しそうにしています。そんな母ですが、このときの相手のドライバーさんの対応には何も不満を述べていなかったように見えました。

ですので、この件に対する保険会社の対応が早かったのではないかと思います。

自身の不注意による事故だったがお金の負担はなく解決

また、慰謝料に関しても余り不満は感じませんでした。病院にも一度行かせてもらいましたが、相手のドライバーさんが全額負担してくれたと聞いています。

自転車と自動車が接触していたため、自動車にも傷がついていたはずなのですが、その分の自動車の修理代金も請求されることはありませんでした。

相手のドライバーさんが加入していた保険会社さんの対応が早く、慰謝料も十分だったからではないかと思います。

残った不安要素

不安要素に悩む被害者のイメージ画像

保険会社の悪かった点はとくに思いつきません。しいて言えば、私の怪我は事故直後は本当にただの打ち身だったのですが、1~2週間たった後でアザが広がり始めました。

保険が降りる仕組みはよくわかりませんが、事故後しばらくしてから重症だとわかった場合どうなるのかは不安になりました。

▼事故後にしばらくしてから重症だと発覚するパターンに対しての保険▼

「ムチ打ち」「骨折」「後遺障害」の実例で事故の慰謝料相場を解説! 交通事故の慰謝料相場

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★☆☆☆☆(全く依頼したくない)

交通事故の被害者になったら弁護士特約の利用をおすすめします!

弁護士特約がついた弁護士が相手と打ち合わせをするイメージ画像

交通事故で怪我を負った場合、弁護士特約が利用できると、費用の負担なしで弁護士に対応を依頼することが可能です。依頼を行う弁護士は自分自信で選ぶことも可能です。

保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、被害者になったらまずは自分が契約している保険会社に弁護士特約が使えるかどうかを確認し、利用可能な場合は弁護士へ相談してみましょう。

【弁護士特約を使って弁護士に依頼するメリット】

・費用の負担をせずに弁護士に依頼ができる
・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、
 有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・怪我をしている中で交渉にかかる心理的な負担が省ける

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】安全確認を怠った車と自転車に乗った女性の事故。保険会社の対応が雑でした 乗用車保険会社慰謝料示談自転車

夜の7時くらいに私が家へ帰るため自転車で大きな道路のあるところの歩道を走っていたところ、通りに面したとこにあるパチンコ屋さんの駐車場から左右確認を怠って道路に合流しようとした加害者の車が急に出てきて避けきれずにそのままぶつかってしまいました。

【交通事故体験談】小学生の頃、安全確認をせず道路へ飛び出し車と接触。大きな怪我はなく示談もスムーズに 乗用車保険会社加害者示談自転車

私が小学生の時、部活が終わり友達と自転車で帰ろうとしていた時です。学校の裏門をでるとすぐに道路に出るのですが、当時道路に出る門の近くにはたくさんの木が生えており、車が来ても全くわかりませんでした。

【交通事故体験談】見通しのいい道なのに正面からきた車と衝突。納得のいかない示談。今度は弁護士へ! 乗用車保険会社加害者打撲示談自転車

学校からの帰り道、自転車に乗って坂道を下っていたところ、向かいから来た自動車と正面衝突しました。

【交通事故体験談】よそ見運転の車と自転車の事故。事故の痛みに加え保険会社の対応に精神的苦痛まで 乗用車保険会社打撲横断歩道示談自転車

自転車で横断歩道を渡っていたときに、左折してきた車に当てられて接触。その場に倒されてしまいました。

シェアする