【単車(バイク) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合

car_vs_bike

単車(バイク) 対 四輪車の交通事故における過失割合

バイクは自動二輪の他に、原動機付自転車も含まれます。四輪車は通常の乗用車や運搬車として使用される四輪車に加え、三輪の自動車や、四輪以上の大型トラックも含まれます。

基本的に四輪車の方が過失割合が高くなる

バイクの運転手は、物理的に身体が防護されていないため、バイクと四輪車の交通事故では、バイクの方が人身損害が大きくなります。そのため、バイク側の保護のために、四輪車側の方が過失割合が重くなります。

また、バイクは危険を感知してもそれを回避する措置がとりにくく、その点も交通事故が衝突の場合は考慮して基本的過失割合が決められることになります。

単車(バイク) 対 四輪車の交通事故における過失割合

交差点における直進車同士の出会い頭の交通事故

信号機のある交差点における直進車同士の出会い頭の事故

wariai_012

交通事故の詳しい状況 過失割合
バイクAが青、四輪車Bが赤で進入 A0:B100
バイクAが赤、四輪車Bが青で進入 A100:B0
バイクAが黄、四輪車Bが赤で進入 A10:B90
バイクAが赤、四輪車Bが黄で進入 A70:B30
バイクAが赤、四輪車Bも赤で進入 A40:B60

信号機のない交差点(同幅員の交差点)における直進車同士の出会い頭の事故

wariai_013

交通事故の詳しい状況 過失割合
左からくるバイクAと四輪車Bが、同程度の速度 A30:B70
左からくるバイクAは減速し、四輪車Bは減速せず A15:B85
左からくるバイクAは減速せず、四輪車Bは減速 A45:B55
右からくるバイクAは減速し、四輪車Bは減速せず A35:B65
右からくるバイクAは減速せず、四輪車Bは減速 A60:B40

同じ道路を対向方向から進入した右折車と直進車の事故

信号機のある交差点における右折車と直進車の事故(四輪車が右折)

wariai_014

交通事故の詳しい状況 過失割合
バイクAは青で直進、四輪車Bも青で右折 A15:B85
バイクAは黄で直進、四輪車Bは青で交差点に進入し、黄で右折 A60:B40
バイクAは黄で直進、四輪車Bも黄で右折 A40:B60
バイクAは赤で直進、四輪車Bも赤で右折 A40:B60
バイクAは赤で直進、四輪車Bは青で交差点に進入し、赤で右折 A80:B20

信号機のある交差点における右折車と直進車の事故(バイクが右折)

wariai_015

交通事故の詳しい状況 過失割合
バイクAは青で右折、四輪車Bも青で直進 A70:B30
バイクAは青で交差点に進入し、黄で右折、四輪車Bは黄で直進 A25:B75
バイクAは黄で右折、四輪車Bも黄で直進 A40:B60
バイクAは赤で右折、四輪車Bも赤で直進 A40:B60
バイクAは青で交差点に進入し、赤で右折、四輪車Bは赤で直進 A10:B90

直進車と道路外から出入した車の事故

直進するバイクと道路外からきた四輪車の事故

wariai_016

交通事故の詳しい状況 過失割合
路外からの四輪車Bが道路に進入 A10:B90
路外からの四輪車Bが一方車線を横切って他車線に進入 A10:B90

直進する四輪車と道路外からきたバイクの事故

wariai_017

交通事故の詳しい状況 過失割合
路外からのバイクBが道路に進入 A30:B70
路外からのバイクBが一方車線を横切って他車線に進入 A30:B70

同じ方向を進行するバイクと四輪車の事故

四輪車が進行変更をして起こった事故

wariai_018

交通事故の詳しい状況 過失割合
進路変更をした四輪車Bと後続のバイクAが衝突 A20:B80

バイクが進路変更をして起こった事故

wariai_019

交通事故の詳しい状況 過失割合
進路変更をしたバイクBと後続の四輪車Aが衝突 A40:B60

バイク 対 四輪車の事故における過失割合の修正要素

交通事故が起きる場合によく見られる過失は、既に基本的過失割合に盛り込んであります。具体的には、左右前方に対する安全確認の怠慢、信号待ち後に発進する際の安全確認の怠慢、危険発見後にするべき衝突回避の怠惰などが挙げられます。

これ以上の注意義務違反は、過失の程度に応じて「著しい過失」と「重過失」に分けられ、基本的過失割合に対する5~20%の修正の対象となります。それぞれ具体的な例を見てみましょう。

基本的過失割合に対する修正要素:著しい過失

酒気帯び運転、時速15km以上30km未満のスピード違反、バイクが改造されていた場合が該当します。

また、バイクの運転手と便乗者は、ヘルメットの着用が義務付けられています。そのため、ヘルメットを着用しておらず、人身損害が拡大した場合は、著しい過失として修正要素となります。

基本的過失割合に対する修正要素:重過失

酒酔い運転、時速30km以上のスピード違反、無免許運転、危険な体勢での運転が該当します。

この著しい過失と重過失の他にも、一時停止規制の違反や徐行義務違反など、交通事故の現場の具体的な状況によって過失割合は修正されます。

関連する記事一覧

交通事故の示談交渉は弁護士に依頼するべき?

交通事故の被害にあうと、通院中や入院中に保険会社との示談交渉が始まる場合もあり、事故のダメージが残っている中、専門知識もないまま専門家と対峙しなければなりません。

非常にハードルの高い交通事故の示談交渉。弁護士に依頼したらどのようになるのでしょう。交通事故示談アシストでは、実際に交通事故被害にあい、弁護士に依頼した方のインタビューをしました。

どのタイミングで弁護士に依頼したのか?、依頼するメリットとデメリットは?、弁護士費用はどの程度掛ったのか?など、気になる事をズバリお答え頂きました。

シェアする