交通事故に遭った被害者が確認するべき加害者や事故の必要な情報とは?

交通事故被害者

車同士がぶつかった事故のイメージ写真

 

 「事故直後」は加害者側の情報確認が非常に大事(氏名、連絡先、車のナンバー、契約保険会社など)

 事故後は警察への連絡は必須、治療にどの保険を使ったのかを確認すること

 保険会社との交渉のため交通事故証明書、診断書等の必要書類の準備を忘れずに

交通事故は、いつ自分が被害に遭うか分かりません。もし、自分が交通事故に遭ってしまった場合、自分がその場でできる対応によって、事故処理やその後の交渉をスムーズに進めることができます。事故の大きさによって異なりますが、交通事故に遭ってしまった際は、可能な限り以下の事項を確認するようにしましょう。

事故直後に最重要なのは加害者の確認

りんね
アシストじいちゃん~!助けて!友達が事故に遭っちゃったって! おじいちゃん、交通事故に詳しいよね!?
アシスト爺ちゃん
落ち着くんじゃ、りんね。確かにわしはそこそこ知っておるが……まずは、ご家族に連絡はしたのか?
りんね
う、うん。でも仕事ですぐには来れないから、一緒に来てほしいって今連絡があったの。私助けになりたい! でもどうすれば……
アシスト爺ちゃん
頼りにされておるのぅりんね。そうじゃな、まずは事故を起こした相手、つまり加害者を確かめる事じゃ。事故で最優先なのは、事故の相手が誰なのかきちんと見ておく事なんじゃよ。
りんね
は、はーい!

交通事故に遭った時、刑事上・民事上の責任を追及するうえで、加害者が誰であるのかを確認することは非常に重要です。その中で、必ず確認するべき情報は以下のとおりです。

1 2 3 4
情報 相手先の住所 連絡先 車両のナンバーと所有者 保険会社
手に入れる方法 免許証のコピー
職場の名刺
携帯電話
メールアドレス
車検証のコピー 自動損害賠償保険(自賠責保険)証明書

事故現場において被害者が必要な対応

事故後警察に電話するドライバーのイメージ画像

また、ケガがそこまで酷くなくて動ける場合、被害者が行うべきことを見てみましょう。

110番、119番に連絡(重要度★★★★★

本来、加害者がするべきことですが、加害者も冷静ではない場合があります。加害者が連絡をしていない場合は、被害者自らが119番通報、110番通報をしましょう。

事故の状況を正確に把握し伝える(重要度★★★★

事実関係を確認するには必要ですが、被害者と加害者の間で意見が異なる場合があります。そのように意見が異なり、収拾がつかなくなった場合は、駆け付けた警察官に自分の意見を正確に伝えるようにしましょう。

救急車で搬送される場合は要注意

交通事故の被害者が救急車で搬送されるイメージ写真ちなみに、被害者が現場から救急車で搬送されると、加害者のみの立ち合いで実況見分書が作成されることがあります。その場合、加害者側の言い分だけが記載されることになり、被害者にとって不利になる可能性があります。
そうならないためにも、双方の言い分が異なると予想される場合は、警察に対して被害者立ち合いの実況見分調書の作成を申し出るようにしましょう。その際、時間が経ち過ぎると、警察も非協力的になる恐れがあるため、速やかに申し出るようにしましょう。

事故の目撃者がいるか確認(重要度★★★

交通事故の現場に目撃者がいる場合は、名前や電話番号などの連絡先を聞き、後日の協力をお願いしておくようにしましょう。

事故現場で加害者から一筆入れてもらう(重要度★

交通事故の現場において、加害者から一筆とるのは良いですが、「加害者に全て責任がある」や、「全損害を賠償する」などという文書を作成するよう依頼をするのはやめましょう。事故直後に作成したこのような文章は、効力が認められる可能性が極めて低く、さらにはいたずらに示談交渉に混乱をもたらすだけです。

アシスト爺ちゃん
特に一番重要なのは速やかに警察と救急車に連絡することじゃ。遅れれば遅れるだけ、事故の後処理が大変になるからのう。

事故後に確認が必要なこと

何の確認が必要か考える女性のイメージ画像

ここからは、示談をスムーズに始められるために被害者が確認するべき必要があることを見てみましょう。被害者が事故後に行う対応ですべきことは下記の4つがあげられます。

被害者が確認するべき4つの「したか」
事故に遭った事を警察に報告したか
怪我をした場合すぐに治療したか
事故によって仕事を休んだ場合報告したか
自身の保険を確認したか

事故を警察に報告したか

交通事故に遭ったその場ですべき対応についての記事のテーマ画像警察に対して交通事故の報告をしない場合、加害者側の保険会社から保険金を支払ってもらえない可能性があります。(2か月以内に報告をしないともらえない)

もし報告をしていない場合は、速やかに病院で診察を受け、診断書を警察署に持って行くようにしましょう。事故の状況を詳しく記録した実況見分調書を作成してもらうことができます。

実況見分調書について詳しく

人身事故と物損事故、どちらで処理されたか必ず確認しよう

check交通事故を処理するには、人の死傷がある人身事故」と人の死傷がない物損事故」の2つの方法があります。人身事故であれば、警察官が事故現場の調査(事故車両の位置関係や道路の状況などを確認・検証)を行い、事故現場の図面など必要な資料を作成してくれます。

しかし、ケガをしたにも関わらず、物損事故として処理された場合は、軽微な事故として扱われますし、過失割合を決める時に必要な書類を作成してもらえません。

人身事故への切り替えは早めに行おう

加害者が知り合いや親族であるため、どうしても物損事故で済ませたいという事情がある以外、交通事故でケガをした場合は、必ず人身事故としての届出を行いましょう。

いつまでに届出をしなければいけないという決まりがあるわけではありませんが、事故発生から1か月近くも経つと、人身事故として受理しないという対応をとられる可能性があります。

りんね
人身事故と物損事故でかなり扱いが変わるのね。事故に遭ったら必ず人身事故で報告しないと後々大変なことになりそう。

ケガの治療を事故後すぐに始めたか

事故直後は大したことがないと思われるケガであっても、必ず事故後すぐに病院で診察を受けましょう。事故後しばらく経ってから治療を始めた場合、ケガと事故との因果関係が認められず、加害者側の保険会社より治療費が支払われない可能性があります。 

ケガの治療について詳しく

治療にどの保険を使ったか確認しよう

病院によっては、交通事故によるケガは自由診療扱い(治療費10割負担)でないと対応できないと勘違いをしているところもあります。しかし、交通事故によるケガであっても健康保険(治療費3割負担)を利用することができます。

適用できる保険について詳しく

事故によって会社を休むことになったか

交通事故の影響で会社を休まざるを得なくなった場合、加害者側の保険会社に対し、休業損害という仕事を休んだ分の補償を請求することができます。その際、休業損害証明書という書類を勤務先に作成してもらいます。

休業損害について詳しく

被害者自身が加入している保険の内容

加害者が加入している保険だけではなく、被害者自身が加入している保険の内容も確認しておきましょう。加害者が任意保険に加入していない場合や、被害者にも過失がある場合は、加害者側から満足な補償を受けることができません。

被害者の保険を活用できる場合もある

被害者が加入している保険の中には、そのような時に使うことができる保険もあります。また、保険をかけている自動車に乗車中の事故でなくても、適用される場合があります。残念ながら、このような内容を積極的に被害者に教えてくれない保険会社もありますので、自ら確認するようにしましょう。

被害者側の保険について詳しく

 被害者が集めるべき書類と発行先

集めるべき書類のイメージ画像

交通事故の被害者となり、保険会社と交渉していくにあたり、必要になる書類と、書類の発行を依頼する場合はその依頼先を見てみましょう。また、本人でなければ手に入らない書類もあるため、代理で行く場合は必ず「委任状」を書いてもらうようにしましょう。

書類 発行元 発行手数料
交通事故証明書 自動車安全運転センター 540円
診断書 医師・病院 病院ごとに変わる(診療報酬証明書のみ無料)
診療報酬明細書
(後遺障害が残った場合)後遺障害診断書
(被害者が死亡した場合)死亡診断書、死体検案書
印鑑証明書 市町村役場 市町村によって変わる
(被害者が死亡・意思能力がない場合)戸籍謄本
源泉徴収票 勤務先 無料
休業損害証明書
(事業主の場合)前年度の確定申告書 無料
実況見分調書 検察庁 閲覧のみなら150円(印紙)謄写手数料は検察庁ごとにかわる
通院交通費明細書 その都度保存してもらい保存 無料
交通費領収書
実費の領収書
被害者請求書類一式 加害者側の自賠責保険会社 無料

証明書などは直接取りに向かうのであればその場で現金支払いになる事が殆どですが、郵送などで取り寄せる場合は印紙代や為替、振り込みの手数料が別途かかるので要注意です。また、病院や市町村の書類は一律ではないため、必ず発行元に問い合わせて金額を確認しましょう。

交通事故に遭った被害者がまずとるべき方法はこちら

交通事故に遭って電話をかける男性被害者のイメージ画像

交通事故に遭った被害者がとるべき方法をまとめましたが、まずは慌てず冷静になる事がとても大事です。事故は、被害者以上に加害者がパニック状態に陥っていることが多いため、まずは警察に連絡した上で、相手先の情報を取得することがとても重要です。また、けががもとで緊急搬送された場合は必ず警察に行き、実況見分調書を閲覧して自分に不利な情報で構成されていないかどうか確かめるようにしましょう。

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

関連する記事一覧

交通事故の被害者のための基礎知識

このページでは交通事故の被害者になられた方へ、必要な知識をご紹介しています。被害者になったら解決に向けて知っておきたい、保険の種類、過失割合、休業損害、加害者側の情報について、ご紹介をしています。続きを読む

被害者として必要な警察への対応

交通事故の当事者になった場合、被害者/加害者・物損事故/人身事故に関係なく必ず警察へ届出をする必要があります。警察への届出は法律上の義務であるだけでなく、保険金を請求するうえで必須となる交通事故証明書を交付するためにも必要です。続きを読む

被害者として必要な検察官への対応

検察官とは、加害者を起訴または不起訴にするかを決定する非常に重要な役割を担っている存在です。ここでは、その検察官が交通事故の手続きにおいてどのような立場であるか、被害者として検察官に対して必要な対応を説明します。続きを読む

被害者が使うことができる保険について

治療費や示談金は加害者が加入している保険会社から支払われるものですが、被害者に落ち度(過失)がある場合や被害者が任意保険に加入していない場合は、損害額の全てを加害者に支払ってもらうことはできません。続きを読む

封筒に入った刑事記録の書類のイメージ画像

手続きに必要な刑事記録と入手方法

交通事故の被害者として、刑事記録をできるだけ早く取得することは非常に重要です。なぜなら、刑事記録は警察という利害関係のない第三者が職業的正確性を持って作成する、非常に高い信用性を持った書類だからです。続きを読む

事故によるケガの治療について

交通事故によりケガを負ってしまい、治療が必要となった場合は、その治療費を加害者側の保険会社から損害として賠償してもらうことになります。ここでは、その治療費について詳しく説明します。続きを読む

交通事故で適用できる保険について

交通事故が発生した時、大小問わずさまざまな損害が発生します。この損害を埋める(賠償する)のが保険であり、適用する保険によって保険会社から支払われる金額は異なります。続きを読む

示談交渉を有利に進める弁護士のイメージ画像

休業損害について

交通事故によるケガのために休業をせざるを得なくなった場合、事故に遭わなければ働いて得られただろう収入・利益を損害として加害者側に請求することを“休業損害”といいます。ここでは、労働形態により異なる休業損害の計算方法について説明します。続きを読む

シェアする