【交通事故体験談】死角から突然でてきたバイクと衝突。相手側の態度で怖い思いをするも保険会社のおかげで安心

バイク保険会社後遺症示談

交通事故がトラウマになっている被害者のイメージ画像

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 生活道路で車と車の間から出てきたバイクと衝突した40代女性
相手の対応が厚かましい上、脅迫を行ってきた為、とてもつらい思いをしたが保険会社が間に入ってくれた
  • 被害者の年齢・性別:40代女性
  • 加害者の移動形態:バイク
  • 被害者の移動形態:バイク
  • 交通事故が発生した場所:住宅街の狭い道路
  • 加害者の保険加入状況:自賠責保険のみ

死角から突然出てきたバイクと衝突

被害者が事故に遭った交差点のイメージ画像

住宅街の道でしたが国道への抜け道になっている道のため、信号待ちでよく車が停車している道での事故でした。

相手側は信号待ちをしている車と車の間からバイクに乗りいきなり飛び出て来ました。私の方は、信号待ちをしている車の脇をバイクで直進をして運転していました。

速度は住宅街で狭く車も多いことから30キロも出せない状態でした。それほどスピードは出ていませんでしたが、いきなり車と車の間からバイクが出てきました。

その為すぐに急ブレーキをかけて避けようとハンドルを傾けましたが、あまりにも相手との距離が近過ぎて止まることが出来ずに、相手のバイクの前輪部分に私の前輪が突っ込む状態でぶつかりました。

被害者のケガの程度 半月板損傷
手足の擦り傷
入院期間 ×
通院期間 1~3ヶ月以内
リハビリ期間 ×
後遺症の有無

バイクから転げて膝を強く打ちつけた為、半月板が部分的にめくれているとのことで判別板損傷と診断されました。

半月板損傷は事故後1か月の腫れと2~3か月の膝の痛み、屈伸する時のひっかかりがあり病院に通いました。しかし、大きく半月板は剥がれてはいませんでしたので様子をみることになりました。

先生には「屈伸運動は出来るだけしないようにすること、激しい運動は避ける事」と言われましたので、腫れが引き、痛みが治まるまで気を付けるようにしました。

その後、3か月後には普通に歩いても痛みを感じることがなくなったので治療は終えました。

後遺症について

痛みはなくなったものの、膝の屈伸で引っかかる時が今でもあります。

交通事故の示談交渉について

交通事故の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 自賠責保険のみ
相手からの支払い 非公開
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★☆(満足している

示談交渉の過程

保険に加入していない相手側からの強要

相手にケガはなく、こちらのケガも数か月の治療で済んだこと、バイクも双方が修理である為、弁護士を依頼することはありませんでしたが、相手は保険会社に加入していないのにこちらの加入している保険を使うことを強要してきました。

事故状況から見ても、相手の方が悪いだろうと思っていたので自分は保険に入っていないのに、こちらの保険を使おうとはなんと厚かましいのだろうと驚きました。

相手側から怖くて嫌な思いをさせられたが保険会社のおかげで解決

脅迫電話が来なくなって安心する被害者のイメージ画像

しかし、相手方の知人からも怖い口調での非難や強要電話もあり怖い思いをしました。
事故後すぐに警察で現場検証して貰っていました。

こちらは保険会社に加入していましたので、保険会社の方に電話をしました。「事故の状況をみると、こちらの過失もあるとしても、相手の方が分が悪い事故状況ですよ」と言われました。

あまりに理不尽な相手側からの脅迫電話や、こちらが一方的に100%悪いとがなり立てて電話をされていましたので、冷静に判断して且つ事故を専門にしている方がいる事で安心しました。

その後、保険会社の方が間に入って交渉して下さってからはこちらに相手側から電話がかかってくることはなく、がなり立てられて心臓がバクバクし不安な思いで対応をしなくても良くなりました。本当に保険会社にきちんと入っていて良かったなと思いました。

Q:今後、事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★☆☆(どちらでもない)

症状固定と診断されたら、その後の示談交渉に関して弁護士へ相談するのがおすすめです!

病院に通う被害者のイメージ画像

交通事故でケガを負い、その治療が長期に渡ると症状固定と診断されることがあります。特に相手方の保険会社から症状固定と診断されると、その後の治療費を打ち切られる場合もあるため、一度弁護士へ相談することをおすすめします。

初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、不安を感じたらまずは弁護士へ相談してみましょう。

【症状固定に関して弁護士に相談するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・弁護士に依頼することにより、後遺障害認定に関する手続きをスムーズに行い、かつ『弁護士基準』で後遺障害慰謝料を請求できる。
・ケガをしている中で、交渉にかかる心理的な負担が省ける。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】死角から突然でてきたバイクと衝突。相手側の態度で怖い思いをするも保険会社のおかげで安心 バイク保険会社後遺症示談

住宅街の道でしたが国道への抜け道になっている道のため、信号待ちでよく車が停車している道での事故でした。

【交通事故体験談】T字交差点を横断中に信号無視をしたバイクとの衝突事故。賠償内容に不満があります。 バイク交差点後遺障害徒歩慰謝料捻挫示談

午後10時ごろ飲み会の帰り、家まであと数百メートルと言うT字交差点で友人と自転車を押して横断中バイクに自転車のサイドに激突された。

【交通事故体験談】左右確認を怠った自転車とバイクの接触事故。示談金は請求しませんでした。 バイク交差点示談自転車

朝、子供を自転車で幼稚園に送り、その帰り道で事故に遭いました。幼稚園の駐車場から道路に出る際、自転車の私の横に同じように駐車場から出ようとしている車が停まっていました。

【交通事故体験談】高速道路で減速中に追突事故。怪我はなく保険会社の対応も良好。 バイク大型車両示談追突高速道路

淡路島の神戸淡路鳴門自動車道を走行中に、北淡ICで降りようと減速したところを追突されました。

シェアする