【交通事故体験談】左右確認を怠った自転車とバイクの接触事故。示談金は請求しませんでした。

バイク交差点示談自転車

交通事故直後、壊れて横に倒れている大型バイクの写真交通事故体験談のご紹介です。ここでは、自転車で車道へ進入した途端、死角から飛び出したバイクと接触事故を起こした40代女性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 左右確認を忘れて死角から来たバイクに気が付かず接触した40代女性
怪我も特になくむしろ自分に非があると思い、病院の費用のみ請求した。
  • 被害者の年齢・性別:40代女性
  • 加害者の移動形態:バイク
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:住宅街の狭い交差点
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

自転車で車道へ進入。死角から飛び出したバイクと接触

子供を自転車で送った被害者のイメージ画像

朝、子供を自転車で幼稚園に送り、その帰り道で事故に遭いました。幼稚園の駐車場から道路に出る際、自転車の私の横に同じように駐車場から出ようとしている車が停まっていました。その車は右に曲がるウィンカーを出しており、私はまっすぐ道路を渡りたかったのです。

きちんと左右を確認して渡ろうとしたつもりでしたが、右側からバイクが走って来ていたのに気づいていませんでした。また、バイクの方も私が見えていなかったらしく、接触してしまいました。

相手は大けが、自分は軽症だが背負っていた赤ちゃんにケガの恐れ

バイクが急ブレーキをかけたのと、私も自転車をこぎ始めたところでスピードが出ていなかったので、ほんの少し前輪が接触して転倒しただけでしたが、バイクは横転し、加害者となったバイクの運転手はかなり怪我を負ったようでした。

私自身は擦り傷程度でしたが、背中に生後10カ月の赤ちゃんをおんぶしていた為、転倒した際に頭を打った恐れがあるため、救急車で搬送されました。

被害者のケガの程度 右足首と右肘の擦り傷
入院期間 ×
通院期間 1ヶ月以内
リハビリ期間 ×
後遺症の有無 ×

自転車が転倒した際に、右足首と右ひじに擦り傷を負い、少し出血しました。

縫う程ではありませんでしたが、病院で傷口の消毒と化膿止めの薬を塗ってもらい、化膿止めの内服薬も処方されました。背中におぶっていた娘には怪我はありませんでした。

傷はその後膿んだりすることもなく治りましたが、今でも痕は残っています。

交通事故の示談交渉について

jidan3

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 任意保険加入
相手からの支払い 治療費
薬代
慰謝料 ×

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★☆☆(不満なし)

示談交渉の過程

自分の非が大きいと感じ慰謝料の請求はしたくなかった

まず、この時の事故は、バイクと自転車の事故ということで、弱者である自転車に乗っていた私が被害者扱いになりましたが、実際のところ、左右の確認を怠った私の方に非があると自分では思っていたので、むしろ相手側には申し訳ない気持ちであったため、慰謝料の請求などはするつもりはありませんでした。

加害者の男性はまだ学生で、もちろん事故を起こしたのも初めてということもあり、かなり動揺されていたので、事故後にどのようなアクションを起こしたらいいかわからないようでした。

示談金は受け取らず治療費や薬代のみを請求

請求した医療費のイメージ画像

こちらから、相手に加入している任意保険の会社に連絡をして保険会社を通じてやり取りをする旨を説明し、数日後に相手側の保険会社から連絡を頂きました。その保険会社の担当はとても丁寧な対応だったと思います。

しかし、私も娘も怪我というほどの怪我はしていなかったので、示談金を受け取るのも申し訳なく、結局は治療にかかったお金と薬代のみ請求し、保険会社から送られてきた保険金請求書等は提出しませんでした。

主人からは被害者なんだから堂々ともらえばいいんだと言われましたが、どうしても悪いのは自分だという気持ちが消えず、さらに相手が学生だったこともあり、請求する気にはなれませんでした。

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★☆☆(どちらでもない)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

弁護士のイメージ画像

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。

初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】路上駐車の車が後方確認を怠り、急発進。相手側の不誠実な態度にいら立ち。 バイク乗用車保険会社弁護士打撲示談

事故にあったのは住宅街に面した道路でコンビニエンスストアなどもある通りですので、そこまで狭い道路ではありませんでした。

【交通事故体験談】大きな交差点でバイクが突っ込んできて衝突。納得のいかない慰謝料。 バイク交差点保険慰謝料打撲示談自転車

片側3車線同士の大きな交差点で事故にあいました。被害者である私は自転車、加害者である相手は原付自転車です。

【交通事故体験談】急いでたから…両者の不注意による事故。保険会社の言葉が胸に刺さった バイク保険会社徒歩示談骨折

事故にあったのは住宅地の狭い交差点でした。その交差点は木や家の塀などが死角になり、人や車が見えない場所で、頻繁にその交差点では事故が発生していました。

【人(歩行者) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故歩行者自動車過失割合

   交通事故における「車」には自転車、バイクも含まれる  基本的に車のほうが過失割合が高い(仮に歩行者が信号無視をしても車の過失割合がゼロ…

シェアする