【交通事故体験談】急いでたから…両者の不注意による事故。保険会社の言葉が胸に刺さった

公開日:2016/10/03
最終更新日:2018/05/25

117人が閲覧しました

バイク保険会社徒歩示談骨折

交通事故の加害者と被害者が和解をして握手をしているイメージ画像

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、両者の不注意により交通事故に遭った20代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 交差点の確認を怠りバイクと衝突した20代男性
示談確定後、保険会社が言ってくれたある言葉に感動した
  • 被害者の年齢・性別:20代男性
  • 加害者の移動形態:バイク
  • 被害者の移動形態:徒歩
  • 交通事故が発生した場所:住宅街の狭い道路
  • 加害者の保険加入状況:自賠責保険のみ

事故が多発する交差点、意識がなくなるほどの衝突

被害者が事故に遭った場所のイメージ画像

私が事故に遭ったのは住宅地の狭い交差点でした。その交差点は木や家の塀などが死角になり、人や車が見えない場所です。なので、その交差点では頻繁に事故が発生していました。

事故に遭った日、私はある約束があって急いでいました。小走りで家を出てそのまま事故にあった交差点に踏み入ろうとしました。急いでいたために私は、周りを見ることを怠っていました。その時に一時停止を少ししかしていなかったバイクが私と衝突して、お互い吹き飛びました。

私はそのまま意識がなくなってしまいました。後から聞いた話によると、近くにいた人がすぐに救急車を呼んでくださり、私とバイクの運転手はそれぞれ病院に運ばれたそうです。1日後に意識が戻りました。

被害者のケガの程度 頭を打って気を失ったことが原因の記憶障害
左腕骨折
左肋骨骨折
擦り傷多数
入院期間 1ヶ月以内
通院期間 1~3ヶ月以内
リハビリ期間 1ヶ月以内
後遺症の有無 ×

頸椎の牽引、肩首の緊張の緩和のための注射やマッサージを行いました。
主に左腕と肋骨の骨折だったので肋骨がくっつくまでは病院のベットから動けませんでした。肋骨が1ヶ月ほどで完治し、左腕の骨折も手術が無事成功し、1ヶ月半ほどで包帯が取れました。

左腕に関してはずっと固めていたのもあり、筋力低下していたので、筋力を戻すリハビリをしました。2ヶ月ほどで完治しました。

交通事故の示談交渉について

交通事故の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 自賠責保険のみ
相手からの支払い 非公開
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★☆☆☆(満足している)

示談交渉の過程

命は法律では守れない!

命を大事にしようのイメージ画像

保険会社の迅速かつ適切な対応で私が入院している間に全てやってくださりました。またお金の問題の他に、相手側の保険会社曰く、私が小走りで死角の多い交差点から出てきたのも悪いと主張して保険会社と争ったらしいのです。

その話を保険会社の方が私にしてくださったときに、「確かに法律では全てバイク側が悪くなって、あなた自身にかかる医療費負担は守られるのだけれど、あなた自身の命は法律では守れないのですよ。急いでいたのだということだけれど、もっと周りを見てこれからは、自分自身で自分の命を守ってくださいね。」と言ってくださりました。

保険会社は一見、保険の加入者のお金の面だけをサポートする会社だと思っていたのでこの言葉は胸に突き刺さりました。

保険会社の金銭面以外に対する加害者・被害者への心遣い

互いにわだかまりを乗り越えた被害者と加害者のイメージ画像

まだ加入者だけにこの言葉を言うのならわかりますが、その加入者が事故を起こしてしまった相手のことまで、保険会社の人が心配をしてくださるなんて思ってもみませんでした。この話を事故相手の方に話すと、事故相手の人も同じようなことを言われたと言っていました。

また事故を起こしてすぐは、被害者の私にも事故原因はあると思って文句を言ってやろうかと思っていたらしいのですが、保険会社の方の話を聞き、自分の命と相手の命の大切さを教えられ、文句を言う気持ちがなくなったと言っていました。

以上の対応もあり、お金の面でなく命の面にも気配りをしてくださっていたので大変満足しました。

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★☆☆(どちらでもない)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

弁護士のイメージ画像

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。

被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】大きな交差点でバイクが突っ込んできて衝突。納得のいかない慰謝料。 バイク交差点保険慰謝料打撲示談自転車

片側3車線同士の大きな交差点で事故にあいました。被害者である私は自転車、加害者である相手は原付自転車です。

【交通事故体験談】高速道路で減速中に追突事故。怪我はなく保険会社の対応も良好。 バイク大型車両示談追突高速道路

淡路島の神戸淡路鳴門自動車道を走行中に、北淡ICで降りようと減速したところを追突されました。

【交通事故体験談】渋滞の交差点で突然の右折車とぶつかった。なにより相手保険会社の杜撰さに心底腹が立った バイク乗用車交差点保険会社後遺障害捻挫示談

毎朝の通勤はバイクで行っていました。その理由としては幹線道路を使っていたので、車で通勤となると朝夕は通勤ラッシュで大渋滞をしているので通勤時間だけでも1〜2時間かかってしまうからです。

【人(歩行者) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故歩行者自動車過失割合

   交通事故における「車」には自転車、バイクも含まれる  基本的に車のほうが過失割合が高い(仮に歩行者が信号無視をしても車の過失割合がゼロ…

シェアする