【交通事故体験談】住宅街の交差点で自転車とバイクの衝突事故。加害者は事故現場から立ち去ってしまいました。

公開日:2016/09/15
最終更新日:2018/05/25

381人が閲覧しました

バイク交差点保険会社打撲示談自転車

あまり見通しのよくない住宅道路の写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、自転車運転中に後方からバイクに追突され、加害者に現場から立ち去られた40代女性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 自転車で走行中、左折した際に右折したバイクにそのまま追突された40代女性
相手は逃亡。保険会社の補填に納得いかないまま家の事もあり示談に応じることに。
  • 被害者の年齢・性別:40代女性
  • 加害者の移動形態:バイク
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:住宅街の狭い交差点
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

住宅街の交差点を左折した自転車にバイクが後方から追突

被害者が事故に遭った住宅街のイメージ画像

小雨の降る日の夕方でした。自宅前から自転車に乗って最初の交差点で左折した道路上でのことです。交差点を曲がる前に、右方からバイクが来ているのは認識していましたが、私はそのまま左折しました。そこへ、バイクが接触してきたのです。

もともとの制限速度は20km程度の生活道路です。当方は自転車ですし、雨もぱらついていたので、それほどスピードも出していませんでした。相手方は排気量90cc程度の二輪車で運転者は比較的高齢の男性でした。

周囲が救急車を呼ぶさなか、相手は現場を立ち去ってしまい…

呼ばれる救急車のイメージ画像

接触により自転車ごと転倒しました。私は暫く呆然としていて、周囲の人は救急車を手配してくれようとしましたが、自宅に子どもだけで留守番させていたので、擦り傷が有ったものの、一旦自宅に戻ることにしました。

実は、この間に相手方は現場を立ち去ってしまったのです。腹立たしくて、歩けないほどのケガでは有りませんでしたが、即警察に通報して人身事故扱いにしました。

被害者のケガの程度右側の肩から肘、右側の太股の擦過傷と打撲
入院期間×
通院期間1ヶ月以内
リハビリ期間×
後遺症の有無×

まず最初に整形外科の有る総合病院に行って精密検査をしてもらいました。レントゲン写真で打撲の箇所を確認してもらい、骨にまで達するダメージではないことに安心しました。

擦り傷の消毒と湿布薬をもらい、総合病院での治療は一旦終わりです。その後、打撲のあとに手を動かすのが困難なため、数日間電気治療とマッサージに通いました。

交通事故の示談交渉について

交通事故の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間1年以内
示談交渉の弁護士への依頼×
加害者の保険任意保険加入
相手からの支払い非公開
慰謝料非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★☆(多少不満がある)

示談交渉の過程

「被害者の感情を汲んでくれない」と保険会社に対して感じた

保険会社の対応について納得していない被害者のイメージ画像

事故の相手方が最初に逃げたことに対しては、保険会社と関係無いのでしょうが、あまり誠実な対応とは思えませんでした。あくまでも、保険会社は事務的なことしかしませんから、被害者の感情を汲んでの対応が感じられませんでしたね。

保険を使う事になった途端、相手方もろくに連絡してこなくなったことが余計に腹立たしかったです。

私は子どもも居るので、家事や育児の時間を割いて通院するのが時間の無駄に思えて、仕方なく示談に応じた感が否めません。ですが本来ならば、もっと冷静かつ強かに示談交渉に応じていたら良かったのかも知れませんと今更ながらに思ってしまいます。

補償内容があまりにも事務的で馬鹿らしくなりました。

補填内容にあきれる被害者のイメージ画像

しかしながら、一般的な良識を持っている人間ならば、少しの傷や打撲で通院日数を稼ごうなんて思考は働かず、それよりもむしろ、日常生活の時間のロスをダメージと捉えるのが普通だと思います。

物損に関していえば、自転車の損害はある程度納得のいく補償がされ、新しい自転車は買えましたが、事故当時に持っていた傘、衣類については、ブランド品であっても再調達できるだけの補償金額は頂けませんでした。

気に入った洋服や傘も、その時の査定額で判断されるのですね。保険とは、そんなものなのかと思えば、事故に遭っていながら馬鹿らしくなりました。

▼保険会社から出された金額に不満がある場合はこちら▼

保険会社から提示された金額に納得いかない!交通事故による慰謝料アップのための3つのポイント

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★★★(必ず依頼する)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

被害者を迎える弁護士のイメージ画像

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。

被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】渋滞の交差点で突然の右折車とぶつかった。なにより相手保険会社の杜撰さに心底腹が立った バイク乗用車交差点保険会社後遺障害捻挫示談

毎朝の通勤はバイクで行っていました。その理由としては幹線道路を使っていたので、車で通勤となると朝夕は通勤ラッシュで大渋滞をしているので通勤時間だけでも1〜2時間かかってしまうからです。

【交通事故体験談】見通しのいい交差点で車と衝突。車体が体に少し乗っかるも大事には至らず 乗用車交差点保険会社徒歩打撲示談自転車

とても見通しが良い交差点を青信号になった為に渡っていました。数歩足が出たところで左折して車が一瞬見えましたが、そのまま私の体にバンと車が当たってきて私はこけてしまいました。

【人(歩行者) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故歩行者自動車過失割合

   交通事故における「車」には自転車、バイクも含まれる  基本的に車のほうが過失割合が高い(仮に歩行者が信号無視をしても車の過失割合がゼロ…

【交通事故体験談】急いでたから…両者の不注意による事故。保険会社の言葉が胸に刺さった バイク保険会社徒歩示談骨折

事故にあったのは住宅地の狭い交差点でした。その交差点は木や家の塀などが死角になり、人や車が見えない場所で、頻繁にその交差点では事故が発生していました。

シェアする