【交通事故体験談】視界の悪い道、静かなエンジン音の車と衝突。保険の有難みを実感

公開日:2016/10/06
最終更新日:2018/05/26

136人が閲覧しました

乗用車保険捻挫示談自転車

交通事故直後、倒れている被害者と自転車のイメージ写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、視界の悪い道で静かなエンジン音の車と衝突した20代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 自転車で狭い道を走行中交差点で出会い頭に車と衝突した20代男性
元々様々な保険に入っていたため、治療費以上のお金をもらうことに
  • 被害者の年齢・性別:20代男性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:信号のない交差点
  • 加害者の保険加入状況:自賠責保険のみ

障害物で視界の悪い道、エンジン音が静かな車

被害者が事故に遭った狭い道のイメージ画像

通勤中に狭い道を通っていたときに自動車と激突してしまいました。原因はその事故をした場所にも問題がありました。

それは、道路に出る前の曲がる所に自動販売機があったので車が来るのかわからないという状態になっていて、私は音があまりしていなかったので道路に出ると、静かに動く自動車に気づかず衝突。自動車側も自動販売機で道路に入る前の道すら見えないとの事でした。

幸いにも受け身が取れて軽症。物損で話をまとめた

怪我をした被害者のイメージ画像

私は自転車に乗っており、ひかれたとたん飛んで行ってしまいましたが、運が良かったのか私が格闘技経験があるからかわからないですが、受け身を取れて足首捻挫ですみました。

自転車はぐちゃぐちゃになり、自動車側の人間が車から降りてきました。警察を呼び、話が進むと、人身か物損かを自分で決めれると言われ物損でこの話は終わりました。

▼人身か物損かの違いはこちら▼
交通事故に遭う前に知っておこう!「物損事故」と「人身事故」で対応は違う!

被害者のケガの程度 足首捻挫
入院期間 ×
通院期間 1~3ヶ月以内
リハビリ期間 1~3ヶ月以内
後遺症の有無 ×

一応MRIやレントゲンを撮りましたが運良く足首捻挫だけで済みました。
パンパンに足首は腫れていて、その時は歩けるような状態ではなかったため松葉杖を使用しました。3週間ほどで松葉杖はとれ、その後1ヶ月ほどで完治に至りました。

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 自賠責保険のみ
相手からの支払い 治療費
自転車代
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★☆(満足している

示談交渉の過程

自転車代・治療費を相手側で負担。満足のいく対応

加害者に提出した領収書のイメージ画像

私が乗っていた自転車はもう確実と言っていいほど乗れることができなくなり、私は物損にしたため、自転車の新品の金額をいただきました。ちなみに私が乗っていたのは電動自転車です。

そして、怪我の方も毎回病院に行くたびに領収書を貯めて提出し、その分の金額全てをいただきました。

電話をさせていただいた時にはとても話しやすく、分からないことを詳しく説明していただけるなど、満足した対応をしていただきました。

保険の有難みが身に染みた

保険会社のありがたみを伝えるイメージ画像
私は格闘技を中学から大学までの間にやっていて、骨折は18回ほどしていました。そして、私はけがをよくするため保険にたくさん加入していたので、病院にかかった金額以上のものがかえってきました。

うちは非常に貧しく、そんな経済的に苦しい中で格闘技をやらせていただき、自分で言うのも変なのですが、誰よりも保険のありがたみをわかっているつもりでいます。私的に必ずと言って良いほど保険に加入しておいた方が良いと感じました。

▼自賠責保険と任意保険の違い▼

自動車保険「自賠責保険」と「任意保険」の違い

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★☆☆☆(あまり依頼したくない)

交通事故の被害者になったら弁護士特約の利用をおすすめします!

弁護士特約で依頼された弁護士が交渉するイメージ画像

交通事故で怪我を負った場合、弁護士特約が利用できると、費用の負担なしで弁護士に対応を依頼することが可能です。

依頼を行う弁護士は自分自信で選ぶことも可能です。保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、被害者になったらまずは自分が契約している保険会社に弁護士特約が使えるかどうかを確認し、利用可能な場合は弁護士へ相談してみましょう。

【弁護士特約を使って弁護士に依頼するメリット】

・費用の負担をせずに弁護士に依頼ができる
・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、
 有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・怪我をしている中で交渉にかかる心理的な負担が省ける

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】いつも通行する道だからと油断していたら……保険会社にちゃんと入ってよかったと思える結果に 乗用車保険捻挫示談自転車

平日の夕方18時ころの夏休みの出来事でした。わたしは塾帰りで坂道を下り坂でかなり飛ばしていたことは良く覚えています。

【交通事故体験談】幹線道路に停車中、ブレーキなしの後方車からの追突。事故の衝撃で被害者は「むち打ち」に ムチ打ち乗用車加害者後遺障害示談追突

冬の日の夕方5時ごろでした。すでに冬の日でしたので、ほとんど真っ暗になっていたと思います。私は幹線道路を走っていました。

【交通事故体験談】交差点で後方から左折してきた車に巻き込まれ接触。納得のいかない保険会社の対応、弁護士へ依頼 乗用車交差点保険会社弁護士示談自転車骨折

私が自転車に乗っていて、丁度車道の進行方向側を走行しているとき信号のある交差点に差し掛かりました。

【交通事故体験談】後続車両の追突により車両3台の玉突き事故に ムチ打ち乗用車保険会社慰謝料示談追突

朝8時ごろの通勤時間帯での事故です。軽い下り坂になっている交差点で信号をまちをしていると、突然後ろから猛スピードで乗用車が私の車の後部にぶつかってきました。

シェアする