【交通事故体験談】よそ見運転の車と自転車の事故。事故の痛みに加え保険会社の対応に精神的苦痛まで

公開日:2016/08/29
最終更新日:2018/05/25

517人が閲覧しました

乗用車保険会社打撲横断歩道示談自転車

交通事故直後、倒れている被害者と自転車のイメージ写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、自転車で横断歩道を渡っていたときに左折してきた車と衝突した20代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 横断歩道を自転車で通行中に左折した車にはねられた20代男性
加害者が責任を認めているのに、保険会社の対応によって不満が残る形になった。
  • 被害者の年齢・性別:20代男性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:住宅街の狭い道路の信号のある交差点
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

横断歩道を自転車で横断していると突然左折してきた車が衝突

自転車で横断歩道を渡っていたときに、左折してきた車に当てられて接触。その場に倒されてしまいました。突然のことだったので何が起きたのかわからず一瞬青ざめてしまいました。腕、腹部に痛みを感じて、怖かったですね。

腕や腹部を強く打ち、救急車で病院へ搬送

緊急搬送される被害者のイメージ画像どうやら腕、腹部に打撲があるようで、救急車に乗り病院へ搬送されました。仕事の都合があり、その後の入院や通院はありませんでしたが2、3週間ほど痛みが続いて大変でした。

加害者は「わき見運転」携帯電話に気を取られていた

ぶつかってきた相手はどうやら携帯電話に気を取られていたようで集中力が散漫になっていたと話していました。幸いにも大事には至らなかったから良かったものの、もしも大怪我を負わされていたらと思うと本当に許せませんでしたし腹立たしかったです。

被害者のケガの程度腕、腹部に打撲
入院期間×
通院期間1ヶ月以内
リハビリ期間×
後遺症の有無×

病院で骨に異常が無いかレントゲンで検査をしました。その後は、ホットパックをしてもらったり、痛み止めの薬をもらいました。仕事の都合でなかなか通院できない状態で、痛みが2、3週間ほど続きましたが自然と和らいでいきました。

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間1年以内
示談交渉の弁護士への依頼×
加害者の保険状況任意保険加入
相手の支払額非公開
慰謝料非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★(多少不満がある)

示談交渉の過程

保険会社の対応に不満「催促しないと対応してくれない」

問合せしないと対応しない保険会社と催促する被害者のイメージ画像相手の任意保険会社の担当者の対応がとても遅くて、イライラしてしまいました。相手方は自分の責任を認めているにも関わらず、任意保険の担当者はすぐに連絡をよこすことも無くしばらく放置されてしまいました。

被害者であるこちら側からわざわざ電話をして督促をしないと対応をしてくれませんでした。電話をして督促をしないと書類すら送って来ない始末だったのです。とても腹立たしかったです。

事故の身体的ダメージの後に精神的ダメージの追い討ち

精神的苦痛に苛む被害者のイメージ画像こちら側は完全な被害者の立場なのにいったいどういう事なんだろう?と思いました。
ついついこちら側としても意地になってしまい、相手方の対応にイライラして、交通費や服や靴の破損などなど十円単位の請求もリストアップしてまとめて請求をしました。
それくらい相手方の対応に不誠実さを感じてしまい人身事故で受けた身体的なダメージよりも精神的なダメージの方が深かったように思えます。

昔、兄も人身事故に遭ったことがありその時は兄は私みたいにイライラしていなかったように思えるのですが、担当者の当たりがたまたま悪かったのでしょうか…。
兎にも角にも、もしもこちら側が事故を起こしたときには、誠実に対応をするように心がけようと思えたのでとても勉強になりました。

Q:今後事故に遭われた場合弁護士に依頼したいと思いますか?
A:全く依頼したくない(☆☆☆☆

弁護士の介入により休業損害が認められ、示談金が増額するケースも

示談金が増額していくイメージ画像交通事故で怪我を負った場合、こちらが求める休業損害の金額よりもはるかに低い金額を保険会社から提示されることがあります。この点、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、休業損害が認められ、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

休業損害についてはこちら
URL:https://ji-ko.jp/knowledge/kyugyou/

【交通事故の示談や休業損害交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】見通しのいい道なのに正面からきた車と衝突。納得のいかない示談。今度は弁護士へ! 乗用車保険会社加害者打撲示談自転車

学校からの帰り道、自転車に乗って坂道を下っていたところ、向かいから来た自動車と正面衝突しました。

【交通事故体験談】住宅街の交差点で自転車とバイクの衝突事故。加害者は事故現場から立ち去ってしまいました。 バイク交差点保険会社打撲示談自転車

小雨の降る日の夕方でした。自宅前から自転車に乗って最初の交差点で左折した道路上でのことです。

【交通事故体験談】信号のない横断歩道で一度止まった車が渡っている途中に再度急発進。間に合わずにひかれてしまったが……。 乗用車保険会社徒歩慰謝料捻挫示談

私は自分の住んでいる団地内を歩いていたときに、横断歩道はあるが信号のない道路を渡ろうとしていました。すると自動車がこちらに向かって右折してこようとしていました。

【交通事故体験談】お互いスピードは出ていなかったが、交差点を曲がろうとしたところ車と衝突。 乗用車弁護士示談自転車

近所の幅5メートルくらいの狭い住宅街の道路をスーパーへ買い物に行くために自転車で走っていました。時速は10キロも出ていなかったと思います。

シェアする