【交通事故体験談】突然飛び出した車との接触。ディーラー仲介の保険会社の安心性

乗用車保険会社示談自転車骨折

交通事故直後、倒れている被害者と自転車のイメージ写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、スポーツ自転車を運転中に急に歩道に飛び出してきた車と衝突した40代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 歩道から飛び出した車を避けきれず横転した40代男性
双方ディーラーを通じて保険会社に加入していたので対応がスムーズにいき、満足いく結果になった
  • 被害者の年齢・性別:40代男性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:歩道
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

急に歩道に車が出てきて避けきれず衝突、車道に転倒

被害者の事故内容のイメージ画像

歩道をスポーツ自転車で走っていた時に、倉庫の出入り口から急に乗用車が歩道に半分以上も出てきたのです。

急な出来事でそのまま真っ直ぐに走ると乗用車に正面衝突するので、反射的にスポーツ自転車のハンドルを車道側へ曲げて乗用車との衝突を回避しようと試みましたが、急にハンドル操作を変えたのでバランスを崩して車道に転倒。

私が運転するスポーツ自転車のスピードは全然出てなかったのですが、急に乗用車が飛び出してきたこともあり、急ブレーキをかけたので受け身も取れずにわけのわからないままに体を車道のコンクリートに打ちつけました。スポーツ自転車も車道に変な形で倒れたのでタイヤのホイールやハンドルが曲がってしまいました。

被害者のケガの程度 左手中指骨折
入院期間 ×
通院期間 1ヶ月以内
リハビリ期間 ×
後遺症の有無 ×

事故直後はあまり痛みを感じなかったのですが、しばらくして指が痛いのに気付き病院へ行きレントゲン撮影すると左手中指の骨折でした。

そして、左手中指の骨折ですので、とにかく骨がある程度くっつくまでは骨折部分を固定。

腫れや痛みが引いてきて2週間目くらいから固定させていたのを止めて、痛みがありながらも指の可動域が固まらないようにリハビリを行いました。

1ヶ月ほどとにかく中指をさすったり、ゆっくりと曲げたりして可動域の回復。傷みが完全に消えた完治と言えるまでには3ヶ月かかりました。

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 任意保険加入
相手からの支払い 非公開
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★★(かなり不満)

示談交渉の過程

ディーラーを通じての保険加入、不安要素がなく解決まで

ディーラーと話す被害者のイメージ画像

相手が加入していた保険会社のソニー損保さんの対応は満足しています。相手の加害者も早い段階でディーラーに連絡をしていたので、ディーラーから保険会社との手続きも問題なく進んでいました。

また私が任意で加入していた保険会社もディーラーにお願いしていたので、仲介して頂きました。ディーラーに紹介してもらった保険会社は不安要素もなく頼りになりました。

以前に交通事故に遭った時には、加害者側がディーラー経由でなく個人で保険会社に入っていたので手続きがスムーズに行かず、非常に嫌な思いを経験しています。

それに比べると、今回はどちらもディーラーを通して保険会社と交渉して頂いてるので、いざこざも全くなく、全てお任せで安心できました。

信頼と安心で保険を選んで良好な結果に

上質な保険契約を結ぶ被害者のイメージ画像

特に今回は被害者である私の方の保険会社とは初めてのやり取りで、どうなるのか心配した部分もあったのですが何の問題もなかったです。

自分が入る保険会社は、やはりネットで入るのでなく、多少保険料が高くてもディーラーにて保険契約するのが一番いいと思いました。

自分で事故を起こして加害者になった時や、自分に振りかかった事故の時(被害者)において信頼と安心がついてくるのを強く実感しています。

安さでなく、信頼と安心で自分の加入保険を選んだのは正解です。

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★★☆(依頼を検討したい)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

被害者と契約を結ぶ弁護士のイメージ画像

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。

被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】自身の不注意で車道に飛び出し車と衝突。親身な対応で怪我の治療に専念できた。 乗用車保険会社徒歩示談骨折

学生の頃、友人と連れ立ち住宅地を歩いている最中、白線の無い少し広めの車道へ飛び出してしまいました。

【交通事故体験談】見通しのいい道なのに正面からきた車と衝突。納得のいかない示談。今度は弁護士へ! 乗用車保険会社加害者打撲示談自転車

学校からの帰り道、自転車に乗って坂道を下っていたところ、向かいから来た自動車と正面衝突しました。

【交通事故体験談】交差点で車と衝突。初めての事故で不安だったが保険会社の対応に助けられた 乗用車交差点保険会社打撲示談自転車

10月の晴れた日の16時頃、私が歩道を自転車で直進していたところ20mほど先の信号のない交差点にセダン型の乗用車が停まっているのが見えました。

【交通事故体験談】事故が多発する場所での接触事故。保険会社の信頼のできる対応。 乗用車保険会社示談自転車

一旦停止せず路地から徐行で出てきた軽自動車の左側の前輪のタイヤハウスと、主要幹線の国道の歩道を南下して走っていた私の自転車の前輪部が接触。

シェアする