【交通事故体験談】交差点で後方から左折してきた車に巻き込まれ接触。納得のいかない保険会社の対応、弁護士へ依頼

乗用車交差点保険会社弁護士示談自転車骨折

交通事故後の入院生活に不服そうな被害者のイメージ画像

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、交差点で後方から左折してきた車に巻き込まれ接触事故に遭った30代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 信号の交差点で走行中、後方左折車に巻き込まれ事故に遭った30代男性
保険会社の横柄な態度にと少ない慰謝料に納得いかず弁護士に依頼した。
  • 被害者の年齢・性別:30代男性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:信号のある交差点
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

交差点で後方から左折して車に巻き込まれて接触

私が自転車に乗っていて、丁度車道の進行方向側を走行しているとき信号のある交差点に差し掛かりました。

その交差点に差し掛かったとき、歩行者用の信号は赤になっていたので青になるまで横断歩道手前で車道の路肩にて待機していました。

信号が青に変わり私が自転車を漕いで横断しようとしたしその時、右後方から左折してきた車の左前方バンパーと私の自転車後輪とが接触し私は自転車から転倒。

運転手によると、私が左側で信号待ちをしていたのはわかっていたようですが、車の方が急げば先に左折できると思ったが私が加害者の予想よりも車の前を横断する形となってしまい、車と接触してしまったという事故でした。

被害者のケガの程度 手首骨折
入院期間 入院なし
通院期間 半年
リハビリ期間 3か月以上
後遺症の有無 後遺症なし

車との接触により私は自転車から転倒、その際に地面に手首を強打したため、手首の太い骨が折れてしまいました。骨折した箇所は手首の太い骨2本だったため、折れた骨を元の位置に戻しボルトで固定するという手術をしました。

術後はボールを握ったりして、なるべく腕から手首にかけての筋肉を使うリハビリをしました。半年後、今度は固定していたボルトを体外に取り出して完治となりました。

交通事故の示談交渉について

交通事故の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 依頼した
加害者の保険 任意保険加入
相手からの支払い 非公開
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★☆☆☆☆(かなり不満)

示談交渉の過程

治療が長引いたのは本人の体に問題と保険会社の主張

当初手首の骨折は、事故に起因するものであるという状況が明らかにわかっているにもかかわらず、とにかく保険会社の対応が遅かったことが最も不満の理由です。

保険会社の主張は、「その骨折は確かに事故によるものであるけれど、治療が長期化したのは被害者の骨密度の低さが要因だ」ということでした。

実は私は別の件で一度手首の骨折をしたことがあり、医者に診てもらったところ、私の手首にある二本の太い骨が、一般の人よりも少し骨密度が低いと診断された過去がありました。

そのため、なるべく手首に負担をかけるようなことはしないように気を付けて生活をしていたのですが、交通事故は流石に予期できなかったこともあるし、自転車を運転するくらいは基本的な生活をする上で当然してもいいことだと思い、事故当時も自転車に乗っていたわけです。

▼元々持っていた持病が怪我の原因になる場合▼
交通事故の被害者の心因性問題や持病で入院・治療が長期化した場合

明らかに低い示談金の提示、納得がいかず弁護士へ

保険会社としては、私の骨密度が低いことが原因で6か月ものリハビリ期間、通院をしないと治らなかったわけであるから、一般的な人の骨折の治療期間と照らし合わせ、その一般人であれば完治するであろう治療期間を算出、算出した期間から足を出てしまった私の治療期間分の費用を補償しないと主張してきたのです。

そのため、示談金を明らかに低い額で提示して来たことから、納得いかないと思い、弁護士に相談することにしたのです。

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★★★(必ず依頼する)

交通事故の被害者になった場合、示談交渉を有利に進めたい場合は弁護士への依頼がおすすめです!

交通事故でケガを負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは弁護士へ相談してみましょう。

【交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】見通しのいい道なのに正面からきた車と衝突。納得のいかない示談。今度は弁護士へ! 乗用車保険会社加害者打撲示談自転車

学校からの帰り道、自転車に乗って坂道を下っていたところ、向かいから来た自動車と正面衝突しました。

【交通事故体験談】小学生の頃、安全確認をせず道路へ飛び出し車と接触。大きな怪我はなく示談もスムーズに 乗用車保険会社加害者示談自転車

私が小学生の時、部活が終わり友達と自転車で帰ろうとしていた時です。学校の裏門をでるとすぐに道路に出るのですが、当時道路に出る門の近くにはたくさんの木が生えており、車が来ても全くわかりませんでした。

【交通事故体験談】信号のない横断歩道で一度止まった車が渡っている途中に再度急発進。間に合わずにひかれてしまったが……。 乗用車保険会社徒歩慰謝料捻挫示談

私は自分の住んでいる団地内を歩いていたときに、横断歩道はあるが信号のない道路を渡ろうとしていました。すると自動車がこちらに向かって右折してこようとしていました。

【交通事故体験談】自転車で走行中に小道から出てきた自動車と衝突。相手の対応がよくすぐに自転車用意してくれた。 ムチ打ち乗用車交差点保険会社加害者示談自転車

学校に行く途中で、その道を急いでいました。私は比較的大きな道路を通っていましたが、横には住宅街が並んでいました。

シェアする