【交通事故体験談】信号無視のトラックが後方から衝突。保険は使わず個人間での示談交渉。

公開日:2016/10/04
最終更新日:2018/05/25

115人が閲覧しました

交差点大型車両打撲示談自転車追突

横断歩道の自転車専用通路の写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、自転車で信号を横断中に、後方から信号無視のトラックに衝突された20代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 自転車で交差点を渡ろうとしたとき追突された当時小学生の20代男性
怪我が軽微だったので保険を使用せず個人間による示談に。相手の丁寧な謝罪もあり穏便かつ満足いく結果に。
  • 被害者の年齢・性別:20代男性
  • 加害者の移動形態:大型車両
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:信号のある交差点
  • 加害者の保険加入状況:自賠責保険のみ

信号は青で渡ったのに後方から衝突

被害者が渡ろうとした青信号のイメージ画像

小学生のとき、学校が終わってから友達の家に遊びに行った帰りのことです。その当時自転車が歩道を走るのはわりと普通で今現在のように明確に禁止事項がない時代でした。

その帰り道、左側の歩道を走っていて信号が赤になり一旦停止し、信号が青になるのを待っていました。しばらくすると青になり、渡ろうと自転車を進めたところ後ろからトラックがやってきました。

ヤバいと思った瞬間、私は路肩で転がっていました。さほど痛さもなく、普通に立ちあがったところにトラックの運転手がトラックを停めてこちらへ走って来ました。

自分は小学生だったため現場対応は父親へ

診察を受ける被害者と診察する医師のイメージ画像

比較的元気だったのでまずは警察に連絡し、次に自宅へと運転手さんが連絡をしてくれました。

現場が自宅から車ですぐに両親が現場へ駆けつけ、父は運転手さんと共に現場に残り、母が一応病院につれて行くということでその場は一旦終わりました。

被害者のケガの程度 肩、肘、膝にすり傷
頭にたんこぶ
軽い全身打撲
軽いむちうち
事故中の記憶喪失
入院期間 1ヶ月以内
通院期間 1ヶ月以内
リハビリ期間 1ヶ月以内
後遺症の有無 ×

私自身は事故にあった瞬間から路肩に転がるまでの記憶はありませんが当時担当した警察官に死んでなくて本当に運がよかったと言われたのが印象的でした。

事故に遭い、運ばれたときにはあまり体を動かさないようにしながら傷の消毒をされ、ガーゼとネットで固定。頭にたんこぶ、軽いむちうちがあったのでレントゲンかCTか何かを取られ、傷が出来た肩、肘、膝も一応レントゲンを取られました。

3日後に通院したときは傷の消毒と頭、首をまた何か取られました。その後1週間空けて経過観察で3回ほど通院しました。最後の1回はおそらく完治の確認だと思います。

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 自賠責保険のみ
相手からの支払い 治療費
通院費
自転車代
慰謝料 100,000(自転車の補填込み)

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★☆☆(不満はなし)

示談交渉の過程

保険は利用せず個人間で

怪我がかなり軽症だったこともあり、相手もこちらも保険を使わずに示談交渉になりました。親が主導だったので詳細には覚えていませんがまずは父と相手方が電話で連絡を取り、直接会って話したみたいです。

数回に分けての話し合い

加害者と示談交渉をする被害者の親のイメージ画像

子供のことなのでとりあえず治療、通院が終わってから本格的な話をしましょうと初回は終わったみたいです。2回目はほぼ完治し、完治を証明してもらいに病院に行くちょっと前にまた話し合いがあったみたいです。

そこで決まったことは、とりあえず治療費は相手方が全額負担、自転車がもうぐちゃぐちゃだったので新しい自転車を買うための補償、この2つは決まったみたいです。

慰謝料については一応子供に与えた怪我が軽かったので相手方の気持ち次第ということになり、終わったようです。

示談金の支払い、相手側会社の社長含め正式な謝罪

謝罪する加害者のイメージ画像

3回目は私同伴でこちらは父、母、私の3人、相手方は運転手の方とおそらく運送会社の社長さんの5人でした。

私の元気な姿を見たいという相手方の希望があり、相手方が提示してきた示談金が治療費+慰謝料的なもの10万円(自転車の補償込)でした。両親もそれで納得してその条件で手を打ちました。

完全に治療終了後にもう1度その面子で会い、正式な謝罪と治療費、示談金の支払いがあり全てが終わりました。

▼保険会社を使わず示談交渉をする際についてのケースはこちら▼

交通事故の示談を保険会社を使わず自分で行う場合のメリット・デメリット

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★☆☆(どちらでもない)

交通事故の被害者になった場合、示談交渉を有利に進めたい場合は弁護士への依頼がおすすめです!

交通事故でケガを負い通院している被害者のイメージ画像

交通事故でケガを負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは弁護士へ相談してみましょう。

【交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】標識も見にくく信号のない細い道、雨で視界も悪い日に車と衝突。保険会社の対応には満足しているが……。 バイク乗用車交差点保険会社打撲示談

普段とは違う時間からの仕事で、いつも使っていた大通りは混み合っていたため、信号機がなく交差点の多い細い道を使って出勤することに。

【交通事故体験談】見通しのいい交差点で車と衝突。車体が体に少し乗っかるも大事には至らず 乗用車交差点保険会社徒歩打撲示談自転車

とても見通しが良い交差点を青信号になった為に渡っていました。数歩足が出たところで左折して車が一瞬見えましたが、そのまま私の体にバンと車が当たってきて私はこけてしまいました。

【交通事故体験談】高速道路で減速中に追突事故。怪我はなく保険会社の対応も良好。 バイク大型車両示談追突高速道路

淡路島の神戸淡路鳴門自動車道を走行中に、北淡ICで降りようと減速したところを追突されました。

【交通事故体験談】よそ見運転の車と自転車の事故。事故の痛みに加え保険会社の対応に精神的苦痛まで 乗用車保険会社打撲横断歩道示談自転車

自転車で横断歩道を渡っていたときに、左折してきた車に当てられて接触。その場に倒されてしまいました。

シェアする