【交通事故体験談】大きな交差点でバイクが突っ込んできて衝突。納得のいかない慰謝料。

公開日:2016/10/04
最終更新日:2018/07/02

267人が閲覧しました

バイク交差点保険慰謝料打撲示談自転車

交通事故後のけがに苦しむ被害者のイメージ画像

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、大きな交差点でバイクに突っ込まれて衝突事故に遭った40代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 幹線道路の交差点を自転車で走行中バイクにはねられた40代男性
怪我は酷くないものの完治するまで日常生活に支障が出る結果に。また慰謝料の少なさも納得いかず不服のまま終わることに。
  • 被害者の年齢・性別:40代男性
  • 加害者の移動形態:バイク
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:幹線道路の信号のある交差点
  • 加害者の保険加入状況:自賠責保険のみ

大きな交差点を青信号で横断中、バイクが突っ込んできた。

交差点の青信号のイメージ画像

片側3車線同士の大きな交差点で事故に遭いました。被害者である私は自転車、加害者である相手は原付自転車です。

信号が青になったので渡ろうと私は自転車横断帯を通って道路を渡ろうとしたんですが、そこに向こう側から走ってくる相手の原付自転車が左折で突っ込んできました。

信号が青なので私は普通に走っていましたが、なぜか相手は横断歩道や自転車横断帯を確認せず突っ込んできて私と衝突しました。

幸い大きな怪我はなかったものの、相手側の被害のほうが少なかった。

手のひらに怪我をしたイメージ画像

当たる寸前で私も相手もブレーキを掛けましたが停まりきれずに衝突し、私はふっとびました。幸い着地時に両手のひらの擦り傷、右肘に打撲を負っただけで大きな怪我はありませんでした。しかし私の自転車は前輪が歪んでしまって走れなくなり、籠もペシャンコになりました。

相手側は原付自転車にかすり傷が入ったぐらいで走行には支障なく、本人も怪我はしておらずピンピンしてました。

被害者のケガの程度 両掌に擦り傷
右肘に打撲
入院期間 ×
通院期間 1ヶ月以内
リハビリ期間 ×
後遺症の有無 ×

掌の擦り傷は程度こそ軽かったものの、掌の付け根部分に傷が出来ていて親指を動かすと傷口が開きそうになりなかなか治りませんでした。

掌の皮が破けて中の肉が見えたりするほどで、ちょうど一ヶ月ぐらいかかりました。肘の打撲は青くにえた内出血が出来ていましたが、こちらは一週間もすれば色が消えてすぐ治りました。怪我の為に入院やリハビリの為に通院といったことはしていません。

交通事故の示談交渉について

交通事故の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 自賠責保険のみ
相手からの支払い 治療費
自転車代
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★☆(多少不満がある)

示談交渉の過程

慰謝料に対して不満が残る結果に

不服そうな被害者のイメージ画像

この時の事故ですが、相手は任意自動車保険に入っておらず自賠責保険のみでした。慰謝料を支払ってもらったのですが、納得いくほどの金額でなかったので少し不満を感じていました。

治療費に関しては、私も傷を負い自転車も自走不可能なほどのダメージを被りましたが、きちんと支払いはありました。

自転車は自走不可能だったので、新しいものを購入してもらいました。といっても元々1万円ぐらいで購入したものだったので、新品を弁償してもらったといっても自転車代は1万円で済みました。

治療費等については相手側が全額負担

次に怪我の治療費ですが、最初は加害者である相手と一緒に病院に行って診てもらい、その時の治療費を全額相手に支払ってもらいました。完治までに一ヶ月程かかりその間に4回診療してもらいました。

その時の治療費と交通費も全額出してくれたので、治療費や目に見える物に対する慰謝料に関して不満はありません。

日常生活、仕事面への支障が慰謝料に考慮がされなかった。

不服そうな顔を見せる被害者のイメージ画像

不満に感じたのは怪我をすることにより、日常生活や仕事面で不具合があったにもかかわらずそういった面のフォローというか慰謝料的な支払いが少なかったことです。

怪我は軽いものだったので事故当日は遅刻で出勤したものの、他の日は一切休みませんでした。病院に行く時だけ昼前出勤にしていただけで欠勤はしなかったんです。

この事から怪我はしたものの、仕事に影響ないという感じで判断されてしまい慰謝料を思ったほどもらえなかったのでそれが不満です。

細かい部分に対しての配慮が欠けていた

弁護士には依頼していませんが、慰謝料の支払いに関して不満はあります。

弁護士に依頼しようかと思ってましたが、怪我は大したことなく一ヶ月で完治しましたし、故障した自転車も新しいのを購入してくれたので基本的には不満を持ってはいません。

しかし怪我の為に感じた不具合についての補償があまりされなかったんです。仕事は事故当日こそ遅刻で出勤したものの、病院に行かない日は平常どおり出勤していました。これで普段の生活に怪我はあまり影響がなかったと判断されてしまったようです。

日常生活への影響

右肘の痛みに苦しむ被害者のイメージ画像

怪我といっても肘の打撲は軽いものでしたし、掌の傷も包帯を巻いてはいるものの日常生活は普通に送れているように見えました。

しかしこれはあくまで見た目であって、怪我をした私はそれなりの苦労をしたんです。例えば入浴する時は右掌をぬらすわけには行かないのでビニール袋を腕に巻いて入るようにしましたし、平常どおりに見えても面倒なことって沢山増えました。こういうことを主張しても相手にはうまく伝わらず慰謝料にはほとんど反映されませんでした。

弁護士に依頼していれば納得のいく結果になっていたかもしれない。

こういう時弁護士に依頼して、きちんと対応してもらっていたら慰謝料の支払い金額がかなり変わっていたのかなあと思います。ですので、事故に会ったら次からは弁護士に依頼しようと思ってます。

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★★☆(依頼を検討したい)

交通事故での慰謝料を請求するにあたり、交渉を有利に進めたい場合は弁護士への依頼がおすすめです!

弁護士のイメージ画像

交通事故でケガを負った場合、慰謝料請求を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの慰謝料を増額できるケースがあります。初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、慰謝料を請求するにあたり不安を感じたらまずは弁護士へ相談してみましょう。

【交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する慰謝料を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】カーブでの追い抜き時、不要な幅寄せで接触。保険会社の機械的な対応に不満。 保険会社加害者大型車両打撲示談自転車

買い物の帰り道、公道を自転車で走行していました。歩道の無い道で法規則に則り左側通行で出来る限り左端に寄せて通っていたのですが、後方から同じ進行方向に走ってきた企業のトラックがカーブの最中に私の自転車を追い抜こうとしました。

【人(歩行者) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故歩行者自動車過失割合

   交通事故における「車」には自転車、バイクも含まれる  基本的に車のほうが過失割合が高い(仮に歩行者が信号無視をしても車の過失割合がゼロ…

【交通事故体験談】見通しのいい交差点で車と衝突。車体が体に少し乗っかるも大事には至らず 乗用車交差点保険会社徒歩打撲示談自転車

とても見通しが良い交差点を青信号になった為に渡っていました。数歩足が出たところで左折して車が一瞬見えましたが、そのまま私の体にバンと車が当たってきて私はこけてしまいました。

【単車(バイク) 対 四輪車(自動車)】の交通事故における過失割合 バイク交通事故人身事故自動車過失割合

   基本的に自動車のほうが過失割合が高くなる  赤信号で交差点直進の事故以外はほぼ車の割合が高い  スピード違反や改造車、酒気帯び運転など…

シェアする