【交通事故体験談】渋滞の最後尾で停車中、後方からブレーキなしで車が突っ込んできました。

公開日:2016/08/29
最終更新日:2018/05/25

143人が閲覧しました

乗用車保険会社後遺障害示談追突

車同士がぶつかった事故のイメージ写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、渋滞を最後尾で停車中、一切停止しない車に後方から追突されてしまった30代女性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 渋滞の最後尾、ブレーキを踏まない車(B)に追突された30代女性(A)
保険会社の対応は良好だったものの、問い合わせ時間の短さに不満を表す結果に
  • 被害者の年齢・性別:30代女性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:乗用車
  • 交通事故が発生した場所:住宅街の狭い道路
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

事故当時を再現したイメージ画像

渋滞を最後尾で停車中、ブレーキを踏まない車による後方からの追突

混雑している道での出来事です。自分が走行している車線で渋滞がおきていたので停止しました。前の方の車が右側にある横道に入ろうとしていたのだと思います。ですが対向車が次々と来ていて右に曲がることができず長いこと止まっているようでした。

自分が渋滞の最後尾について待っていると、後ろから車が走ってきました。よそ見をしていたのか、私の車がとまっているとわからなかったのか、停止することなく私の車へ突っ込んできました。

玉突き事故は避けられたものの、追突の衝撃で首や腰に痛みが

私は左にあるお店への車の出入りを考慮して前の車との車間距離をかなりあけて止まっていたので、私の車が前にポーンと移動しただけで前の車との接触はありませんでした。直後はどこも痛くなかったのですが、しばらくしてから首と腰がすごく痛くなってきました。

被害者のケガの程度 出血はなし。
首、腰がひどく痛くなりました
入院期間 ×
通院期間 3ヶ月以内
リハビリ期間 ×
後遺症の有無

現在も治療中なので完治はしていません。しかし、治療費は打ち切られてしまっています。
とにかく首と腰が痛くて気持ち悪くなります。ですが、いくら病院で検査してもらってもそれを証明するものはでてきませんでした。

むち打ちの後遺症についてはこちら
URL:https://ji-ko.jp/muchiuchi/page-2319/

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険状況 任意保険加入
相手の支払額 非公開
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★(多少不満がある)

示談交渉の過程

保険会社の対応は良かったが、受け付けの時間が短い

保険会社の受付のイメージ画像

電話対応に少々ですが不満を感じました。とても丁寧な話し口調で、優しい言葉がけをくださったのはありがたいと思っています。ですがとにかく電話対応の時間が短かすぎます。私は用事があって日中電話できない事が多いのですが、その用事よりも短い時間が保険会社さんの電話対応の時間なのです。

一般企業の始業と終業の時間よりも短いのではないか?と思います。留守電に担当者さんから「夕方の○時までに電話をください」と何度も入れられていましたが、これでは電話などできません。事故にあった際の電話対応はいつでもどこでも受けますというコマーシャルをよくみます。

日中に仕事をしていると保険会社との連絡がしづらく負担が大きい

連絡が取れなくて怒っている被害者のイメージ画像事故にあったあと、通院などの連絡をする時に平日の日中だけしか電話できないのはけっこう負担です。平日の昼間に仕事中の人はどうやって保険会社の人に連絡をつければいいのでしょうか。事故をおこされてそれでなくても職場に迷惑をかえたうえに、さらに仕事時間に休みをもらって保険会社に連絡をいれないといけないというのはちょっと負担が大きいのではないかと疑問に感じました。

また、証明できない痛みを治すために通う治療費の請求は難しいと感じました。もちろん保険金詐欺の人を抑止するためには厳しくしなければならないことはわかっています。でも、本当に痛くて気持ち悪いのにと悲しくなりました。それでも保険会社の存続を考えればこれらは仕方ないとも思っているので、「少々不満がある」とさせてもらいました。

Q:今後事故に遭われた場合弁護士に依頼したいと思いますか?
A:依頼を検討したい(★★★★

後遺障害の等級認定を受けるにあたり、スムーズかつ的確に進めたい場合は弁護士への依頼がおすすめです!

弁護士に依頼する被害者のイメージ画像交通事故でケガを負い完治しないと判断された場合(症状固定)、適正な損害賠償額を受け取るためにも後遺障害の等級認定を受ける適正な等級認定を得るためには、書類作成から専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは弁護士へ相談してみましょう。

【後遺障害認定を弁護士に依頼するメリット】

・後遺障害認定に関する書類作成や審査などは専門的な知識が必要となるため、専門家である弁護士に任せることにより、スムーズに手続きを進めることができる。
・専門家により適正な障害等級を得ることができ、後遺障害慰謝料の増額が見込める。
・ケガをしている中で、心理的な負担を省ける。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】自身の不注意による接触事故。相手側の保険会社含めた迅速な対応でスムーズに解決。残った不安要素 乗用車保険会社打撲示談自転車

朝、友人と狭い道から左右を確認せずに一車線の道路へ自転車で右折したら、右の方から走ってきた自動車に自転車の前の車輪を引っ掛けられてはねられました。

【交通事故体験談】見通しのいい道なのに正面からきた車と衝突。納得のいかない示談。今度は弁護士へ! 乗用車保険会社加害者打撲示談自転車

学校からの帰り道、自転車に乗って坂道を下っていたところ、向かいから来た自動車と正面衝突しました。

【交通事故体験談】自動車で徐行中、側道から30km/hで一時停止無視の軽自動車が出てきて衝突 ムチ打ち乗用車保険会社示談

こちら側はファミリータイプのワゴン車、相手側は軽自動車でした。 住宅街の狭い道路を徐行速度で走行しており、十字路に差し掛かりました。

【交通事故体験談】突然飛び出した車との接触。ディーラー仲介の保険会社の安心性 乗用車保険会社示談自転車骨折

歩道をスポーツ自転車で走っていた時に、倉庫の出入り口から急に乗用車が歩道に半分以上も出てきたのです。

シェアする