【交通事故体験談】信号機のある交差点で右折巻き込み事故に。初めての事故なので保険会社に一任して無事解決。

公開日:2016/10/05
最終更新日:2018/05/26

198人が閲覧しました

乗用車保険会社打撲示談自転車

交通事故後にぐにゃぐにゃになった自転車のタイヤの写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、運転手の不注意で車と接触した30代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 自転車で走行中、相手の不注意で巻き込み事故に遭った30代男性
初めての事故の為保険会社に一任。加害者の対応にジレンマを覚えたが示談はうまく締結できた。
  • 被害者の年齢・性別:30代男性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 交通事故が発生した場所:信号のある交差点
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

事故当時を再現したイメージ画像

運転手の不注意で車と接触

私は自転車で走っており、信号のある交差点で止まりました。場所は見晴らしも良く自動車の方から私がよく見えていたと思います。

私の方が歩道で止まっていたところ右前方から右折してきた自動車が車道に合わせて右折できず私の方に向かってきました。

私はとっさに車の向かう方とは反対の右の方角に飛びましたが、避けることが出来ず車が私の足に接触しました。

私は車の勢いで多少飛ばされ自転車は私より遠くに飛ばされていました。自動車の運転手は脇見をしていたらしく右折の距離感を誤ったようでした。

とっさに除けて大きな怪我はなし

自転車はフレームも曲がってしまい、かなりボロボロになりましたが、私の方はとっさに避けることが出来た為、足の打撲と腕などに傷を負いました。ですがそこまで大きな怪我にはなりませんでした。

被害者のケガの程度 足の打撲と擦り傷
入院期間 ×
通院期間 1ヶ月以内
リハビリ期間 1ヶ月以内
後遺症の有無 ×

打撲でしたのでそこまで大掛かりにはなりませんでしたが足を固定して安静にしていました。リハビリのような大それたことは特になく、通院を数回通っている状態でした。概ね1ヶ月以内には良くなっていたと思います。

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 任意保険加入
相手からの支払い 非公開
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★☆☆(不満はなし)

示談交渉の過程

初めての事故、ほとんど対応は保険会社へ任せた

被害者から示談について一任された保険会社の担当のイメージ画像

私としては初めて事故だったので、どのように対処して良いのかわからない状態でした。その為、保険会社の方にほとんどお任せの状態でした。

私の方としては個人的に対応することが面倒でしたし、運転手の方とのやりとりもしたくなかったので、その点で保険会社の方にお任せして良かったと思います。

何より保険がどうとか示談金がどうとか知識も何もない状態でしたので保険会社の方にお任せした方がとても楽だと感じました。

保険会社の方は、電話もつどつどしてくれましたし、親身になって対応していただいたので不満は特にありませんでした。しかし運転手の方が、あまり対応が良くないようでしたのでその点が不満に残りました。

相手側との示談交渉がスムーズに進まず…

相手方とのやりとりは示談金の話で多少揉めたりしたので、スムーズに進まないことに対して個人的なジレンマもありました。紆余曲折ありましたがなんとか話もまとまったことは保険会社の方に感謝しています。

専門用語が理解できず戸惑う

専門用語に悪戦苦闘する被害者のイメージ画像

保険会社の方が悪かった点はあまり感じませんでしたが、強いて挙げるなら話の内容が難しかった点です。

私は初めての事故でありわからないことが本当に多くありましたが保険会社の方の説明がわかりにくい点も多くありました。

保険会社の方は多くの事故を担当しているのでご自身のわかる言葉でお話しされますが、その内容は素人の私としてはわからない内容が多かったです。その点で少し対処があればより良かったと思います。

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★☆☆(どちらでもない)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

被害者と契約を締結する弁護士のイメージ画像

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。

被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】信号無視のトラックが後方から衝突。保険は使わず個人間での示談交渉。 交差点大型車両打撲示談自転車追突

小学生のとき、学校が終わってから友達の家に遊びに行った帰りのことです。その当時自転車が歩道を走るのはわりと普通で今現在のように明確に禁止事項がない時代でした。

【交通事故体験談】いつも通行する道だからと油断していたら……保険会社にちゃんと入ってよかったと思える結果に 乗用車保険捻挫示談自転車

平日の夕方18時ころの夏休みの出来事でした。わたしは塾帰りで坂道を下り坂でかなり飛ばしていたことは良く覚えています。

【交通事故体験談】自身の不注意で車道に飛び出し車と衝突。親身な対応で怪我の治療に専念できた。 乗用車保険会社徒歩示談骨折

学生の頃、友人と連れ立ち住宅地を歩いている最中、白線の無い少し広めの車道へ飛び出してしまいました。

不満そうな被害者のイメージ画像 【交通事故体験談】渋滞で停車中に後ろから衝突事故。ケガはなかったものの、保険会社の対応にはやや不満 ムチ打ち乗用車保険会社示談追突

私は専門学校の授業が終わり車で帰宅する途中、夕方の帰宅ラッシュの時間帯に重なり道路が渋滞していました。

シェアする