【交通事故体験談】渋滞で停車中に後ろから衝突事故。ケガはなかったものの、保険会社の対応にはやや不満

公開日:2016/08/10
最終更新日:2018/05/24

829人が閲覧しました

ムチ打ち乗用車保険会社示談追突

車の側面にぶつかった車の事故のイメージ写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、渋滞で停車中に後ろから追突された20代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 夕方の渋滞に巻き込まれて幹線道路の後ろ(B)から追突された20代男性(A)
車が頑丈だったのでひどいけがもなく通院一ヶ月程度で済んだ
  • 被害者の年齢・性別:20代男性
  • 加害者の移動形態:乗用車(B)
  • 被害者の移動形態:乗用車(A)
  • 交通事故が発生した場所:幹線道路
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

事故当時を再現したイメージ画像

渋滞で停車中に後ろから追突

私は専門学校の授業が終わり車で帰宅する途中、夕方の帰宅ラッシュの時間帯に重なり道路が渋滞していました。渋滞で停車している状態で前の車が少し進めば止まりという感じで前の車が進むのを待っていました。そうしていたときに急にドンっという衝撃があり一瞬何が起こったかわかりませんでしたが、すぐに「ああ、追突されたんだな」と気づきました

頑丈なSUVだったのでダメージは少なく

私はSUVの頑丈な車に乗っていた為、少しの衝撃で済みましたが、追突してきた車は普通車で、フロントが完全につぶれていました。幸い両社とも怪我はなく、追突してきた車はフロントはつぶれていましたが、衝撃を吸収して運転手には怪我がなかったみたいです。私の車はリアバンパーに傷がつき、バックドアのスペアタイヤカバーにへこみ傷ができました。渋滞中に追突されるという事故でした。

被害者のケガの程度念のため首のレントゲンを撮ったが、異常はなかった。
入院期間×
通院期間1ヶ月以内
リハビリ期間×
後遺症の有無×

念のため、いきつけの地元の医院に行き、首に異常がないか診察してもらいました。私は何かの情報で交通事故に遭い、自分の自覚症状はないが実は首が衝撃を受けていてムチ打ちだったという例があるということを思い出し、お医者さんにみてもらうことにしました。レントゲンを撮った結果、異常はなく安心しました

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間1年以内
示談交渉の弁護士への依頼×
加害者の保険状況任意保険加入
相手の支払額非公開
慰謝料非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★(多少不満がある)

示談交渉の過程

相手保険会社の担当はあまり良い印象ではなく

まず事故に遭った現場で警察を呼んで現場検証してもらいました。それから相手の加害者側の人に連絡先を教えてもらい、私も連絡先を教え、その場で携帯に相手保険会社の担当者から電話がきました。こちらが若いからか年配の担当者は少し上から話していたような印象があります。その為、相手の話し方はあまり印象は良くありませんでした。それがまず不満に思ったことのひとつです。

修理期間中の代車費用は、相手の保険会社負担で

車を修理しているイメージ画像その後、事務的に車を修理する修理工場はどこか聞かれ、家の人がお世話になっているトヨタのディーラーにお願いしようと思いそこを教えました。後はディーラーの人とやりとりをするということで話が終わりました。
それからトヨタのディーラーに車の修理をお願いし、車を持っていき、修理の間代車を用意してもらいました。代車の費用はすべて相手の保険会社の負担でした。

修理費用について保険会社の担当者が納得できないようで

車の修理費用についてのイメージ画像2週間くらいして車の修理が終わり車をトヨタのディーラーに取りに行きました。そこでディーラーの人に車の購入額について聞かれました。なんで購入価格について聞くのだろうと思ったら、修理費用について、相手の保険会社の担当者が納得できないようなことを言ってきたみたいでした。

おそらく少しでも修理費用を抑えたい為でしょうが、車の価値が低いから費用はもっと少ないはずだというようなことを言ってきたらしいです。このような点が二つ目の不満点でした。

Q:今後事故に遭われた場合弁護士に依頼したいと思いますか?
A:どちらでもない(★★★☆☆

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

被害者がイメージする裁判所のイメージ画像・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】お互いスピードは出ていなかったが、交差点を曲がろうとしたところ車と衝突。 乗用車弁護士示談自転車

近所の幅5メートルくらいの狭い住宅街の道路をスーパーへ買い物に行くために自転車で走っていました。時速は10キロも出ていなかったと思います。

【交通事故体験談】停車中のドアが急に開いて衝突。保険がきかず自分1人で交渉も相手側のひどい態度 バイク乗用車保険会社加害者慰謝料示談

相手の車は路肩に寄せて停車している状態でした。私は原付に乗って仕事の得意先を回っている途中で、その車の横を通り過ぎようとしたその時運転席後ろのドアが急に開きそこにぶつかり転倒しました。

【交通事故体験談】スピードを出した自転車と車が交差点で衝突事故。自分の過失が大きかったが保険会社の親身な対応に助けられました 乗用車交差点保険会社示談自転車過失

通勤時間帯の見通しの悪い交差点にて。こちらは自転車でした。遅刻しそうでスピードをだしていました。

【交通事故体験談】交差点を横断する自転車を左折車が巻き込む形の接触事故。手慣れた保険会社の対応で滞りなく解決に 乗用車交差点保険会社打撲示談自転車

当時私は大学生だったので自転車で通学していました。その通学中一度だけ車と接触した事がありました。

シェアする