【交通事故体験談】見通しのいい道なのに正面からきた車と衝突。納得のいかない示談。今度は弁護士へ!

公開日:2016/10/04
最終更新日:2018/01/26

84人が閲覧しました

乗用車保険会社加害者打撲示談自転車

交通事故の被害者がイメージする裁判の画像

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、見通しのいい道で正面からきた車と衝突し交通事故に遭った40代女性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

  • 被害者の年齢・性別:40代女性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:自転車
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

学校の帰り道、道幅は狭くないのに正面から来た車と衝突

学校からの帰り道、自転車に乗って坂道を下っていたところ、向かいから来た自動車と正面衝突しました。

山の上にある学校で、その道路は中央分離帯もなく、自転車や自動車が行き来する道路です。舗装はされていましたが歩道もなく、学校に行く人しか利用しないような道でした。

私は下り坂をブレーキをかけながら走っていましたが、それなりにスピードは出ていたと思います。見通しは良かったので、正面から来る自動車は見えていましたが、普通にすれ違えるくらいの幅は充分にありました。

わざとぶつかってきたようなハンドル操作

まさかぶつかるとは思わず、スピードはそのままですれ違おうとしたところ、すれ違う直前に車がこちらに向きを変えてぶつかりました。まるでわざとぶつかってきたように感じました。

相手のスピードは時速20キロくらいでしたので、道路に投げ飛ばされるようなことはありませんでしたが、相手の車のフロントガラスは私がぶつかった衝撃でヒビが入りました。

被害者のケガの程度

骨折などはありませんでしたが、頭からフロントガラスに強くぶつかったため首と頭がとても痛かったです。鼻血もたくさんでました。

しばらく首が動かせないほど痛く、頭にも大きなたんこぶができました。そのほか手足に軽い打撲や切り傷を負い、胸のあたりには青あざができました。

入院、通院、リハビリ期間

  • 入院期間:なし
  • 通院期間:1~3ヶ月以内
  • リハビリ期間:なし
  • 後遺症の有無:後遺症なし

治療、リハビリ、完治までの状況

はじめにレントゲンを撮りました。骨に異常はなく、打撲などは時間薬ということで、特に治療らしい治療はしませんでした。ただ、首がいつまでも痛かったので、週に1度くらい通院していました。

処方されたのは痛み止めと湿布、塗り薬です。1か月半ほど通院したところで完治と言われ、本当に痛みはほとんどありませんでした。

交通事故の示談交渉について

交通事故の示談交渉のイメージ画像

  • 事故発生から示談終了までの期間:1年以内
  • 示談交渉の弁護士への依頼:依頼していない

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について

多少不満がある(5段階評価中4)

示談交渉の過程

加害者側の実際とは異なる証言

相手が、私が急に車の前に飛び出してきたと言っていることが分かり、それを前提に話を進めてくる保険会社の担当者にとても腹が立ちました。

ただ、脇道から出てきたわけではなく、ずっと正面に見えていた自転車とぶつかっているわけですから、相手の言い分には無理があり、そのことは担当者も分かっているようでした。私以上に両親が憤慨しており、ケガがほとんど治ってからも病院に通うように言われました。

未成年だから?被害者本人への配慮に欠ける

保険会社としては当然かもしれませんが、早く示談を成立させたい思惑が見え見えで、大したケガではない、というようなことを何度も言われました。確かに入院するようなケガはしていませんが、しばらくは体中が痛くて自転車に乗れませんでしたので、大したケガではない、という言い方は失礼だと思いました。

私は未成年でしたので、保険会社との交渉はほとんど親がしていましたが、被害に遭ったのは私であり、私をないがしろにするところも気に入りませんでした。

知識不足のまま示談。次回は弁護士へ相談

両親もそれほど知識がなく、2か月も経たないうちに示談に応じてしまいましたが、今考えると損をしたと思っています。

必要以上に病院に通って治療を長引かせようなどとは思いませんが、もう少し様子を見てから示談に応じたほうが良かったかな、と今では思います。

もしも今後交通事故に遭うようなことがあれば、今度はすぐに弁護士に依頼しようと思います。

今後、後遺症が残るような大きな事故に遭われた場合、また弁護士に依頼したいと思いますか?

必ず依頼する(5段階中5)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】いつも通行する道だからと油断していたら……保険会社にちゃんと入ってよかったと思える結果に 乗用車保険捻挫示談自転車

平日の夕方18時ころの夏休みの出来事でした。わたしは塾帰りで坂道を下り坂でかなり飛ばしていたことは良く覚えています。

【交通事故体験談】停車中のドアが急に開いて衝突。保険がきかず自分1人で交渉も相手側のひどい態度 バイク乗用車保険会社加害者慰謝料示談

相手の車は路肩に寄せて停車している状態でした。私は原付に乗って仕事の得意先を回っている途中で、その車の横を通り過ぎようとしたその時運転席後ろのドアが急に開きそこにぶつかり転倒しました。

【交通事故体験談】よそ見運転の車と自転車の事故。事故の痛みに加え保険会社の対応に精神的苦痛まで 乗用車保険会社打撲横断歩道示談自転車

自転車で横断歩道を渡っていたときに、左折してきた車に当てられて接触。その場に倒されてしまいました。

【交通事故体験談】交差点で車と衝突。初めての事故で不安だったが保険会社の対応に助けられた 乗用車交差点保険会社打撲示談自転車

10月の晴れた日の16時頃、私が歩道を自転車で直進していたところ20mほど先の信号のない交差点にセダン型の乗用車が停まっているのが見えました。

シェアする