【交通事故体験談】幹線道路に停車中、ブレーキなしの後方車からの追突。事故の衝撃で被害者は「むち打ち」に

ムチ打ち乗用車加害者後遺障害示談追突

交通事故後のむち打ちになった被害者のレントゲン写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、幹線道路で停車中、後方車に追突されむち打ちになった30代男性について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 片道1車線で停車中、後ろからブレーキなしの車に追突されてむち打ちになった30代男性
相手の保険会社の再三にわたる治療費打ち止めの通告や加害者自身の謝罪なしの対応に不満が残る結果に。
  • 被害者の年齢・性別:30代男性
  • 加害者の移動形態:乗用車
  • 被害者の移動形態:乗用車
  • 交通事故が発生した場所:幹線道路
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

幹線道路で停車中、後方車がブレーキを掛けずに追突

被害者が事故に遭った場所のイメージ画像

冬の日の夕方5時ごろでした。すでに冬の日でしたので、ほとんど真っ暗になっていたと思います。私は幹線道路を走っていました。幹線道路といっても田舎なので片側一車線の道路です。

道路沿いに家が立ち並んでいます。前方の車が右にウインカーを出し、停止しました。恐らくその先にある自宅に帰宅するためと思われます。ちょうど対向車が来ていたので、停止して待っていました。

そこで、私も事前に減速し、ウインカーを出していた車の後ろに停車しました。そうしたところ、後ろから来た乗用車が気づくのに遅くなり、そしてそのまま追突してきました。正直、あまりブレーキをかけていなかったので、かなりの衝撃が首にありました。もちろん、自動車の後ろはかなりへこんでおり、走行できる状態ではありませんでした。

被害者のケガの程度 むち打ち
入院期間 ×
通院期間 3ヶ月以上
リハビリ期間 1ヶ月以内
後遺症の有無

そのまま病院にいって診察してもらったところ、むち打ちという診断でした。首に痛みがあったので、そうした診断になったのだと思います。

その他には特に異常はないということでした。正直、むち打ちはなりたくない症状でしたのでショックでした。直後は自分でもびっくりするほど体に異常がなく、問題なかったのかと思ったのですが、やはり数時間すると首に痛みが来て、座るのも辛い状態になりました。

最初に病院に行ってからむち打ちということでしたので、最初の数日は整形外科に通い、むち打ちの原因を調べました。それから整骨院へ3日に1回ほどのペースで治療のために通いました。幸いそれほど症状は深刻ではなかったようで、3ヶ月目にはほとんど完治していました。

後遺症について

私が感じる後遺症というのは今でも冬など寒くなると首が痛くなるということです。ですので、後遺症の等級の認定がなされるほどのものではありません。しかし、長時間座っていたりするとけっこう首が痛くなり、無理できなくなります。

交通事故の示談交渉について

交通事故の示談交渉のイメージ

事故発生から示談終了までの期間 1年以内
示談交渉の弁護士への依頼 ×
加害者の保険 任意保険加入
相手からの支払い 3ヶ月で治療費打ち止め
慰謝料 非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
★★★★☆(多少不満がある)

示談交渉の過程

示談終了までの過程で感じた2つの不満

基本的には保険会社の対応には満足しています。しかし、2つほど不満に残る点があります。その一つは保険会社がむち打ちの治療のための保険を早く打ち切りたかったということが見え見えだったということです。

私の場合はむち打ちはそれほど深刻な症状ではなかったものの、やはり完治するまでには3カ月ほどの時間がかかりました。その際に、たびたび保険会社から電話で、一般的にむち打ちの場合には3カ月で治療費は打ち切りますというようなことを説明されたことには不満がありました。

加害者から直接の謝罪は一切ありませんでした。

何度も同じ内容の電話を受ける被害者のイメージ画像

もちろん、むち打ちというのは人には伝えにくい症状ですし、目で見えるものではないので、もしかしたらそれを悪用して必要以上に治療費をかけている人がいるのかもしれません。

保険会社もそうしたことがないように気をつけていることは理解できますが、それでも何度もそうした電話をされたことは非常に腹が立ちました。

もう一つ不満が残ったことは、加害者の態度です。確かに保険会社からは直接加害者が被害者に会いに行くことがないようにとは言われていると思いますが、それでも直接謝罪をしてもらいたかったですし、保険会社もきちんとそうするように対応して欲しかったです。結局、加害者からは謝罪も全く何もありませんでした。

Q:今後事故に遭われた場合、弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★★★(どちらでもない)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

弁護士のイメージ画像

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。

被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】事故が多発する場所での接触事故。保険会社の信頼のできる対応。 乗用車保険会社示談自転車

一旦停止せず路地から徐行で出てきた軽自動車の左側の前輪のタイヤハウスと、主要幹線の国道の歩道を南下して走っていた私の自転車の前輪部が接触。

【交通事故体験談】突然飛び出した車との接触。ディーラー仲介の保険会社の安心性 乗用車保険会社示談自転車骨折

歩道をスポーツ自転車で走っていた時に、倉庫の出入り口から急に乗用車が歩道に半分以上も出てきたのです。

【交通事故体験談】信号無視の車に轢かれ骨折。自動車はひき逃げ。私にも過失があると言われ弁護士をつけて裁判に 乗用車弁護士徒歩示談過失骨折

深夜1時頃、私はそうとう酒に酔っていました。 タクシーがなかなか捕まらなかったので、向こう側の車線に移動しようと思い信号が青になるのを待っていました。

【交通事故体験談】標識も見にくく信号のない細い道、雨で視界も悪い日に車と衝突。保険会社の対応には満足しているが……。 バイク乗用車交差点保険会社打撲示談

普段とは違う時間からの仕事で、いつも使っていた大通りは混み合っていたため、信号機がなく交差点の多い細い道を使って出勤することに。

シェアする