【交通事故体験談】自転車で走行中に小道から出てきた自動車と衝突。相手の対応がよくすぐに自転車用意してくれた。

公開日:2016/08/10
最終更新日:2018/05/24

524人が閲覧しました

ムチ打ち乗用車交差点保険会社加害者示談自転車

事故直後で転倒している自転車と車のイメージ写真

交通事故体験談のご紹介です。ここでは、自転車を運転中に脇の小道から出てきた乗用車と衝突した40代女性(事故当時は学生)について、事故当時の状況や通院・リハビリの状況、事故後の示談交渉の内容も合わせてご紹介します。

交通事故の概要

交通事故の状況

被害者 自転車で走行中住宅街の小道から出てきた車に引かれた事故当時学生の40代女性
相手が事故当日にケーキと新品自転車を持ってきた。保険会社もすごくいい人だった。
  • 被害者の年齢・性別:40代女性
  • 加害者の移動形態:乗用車(B)
  • 被害者の移動形態:自転車(A)
  • 交通事故が発生した場所:交差点(信号なし)
  • 加害者の保険加入状況:任意保険加入

事故当時を再現したイメージ画像

自転車で走行中に小道から出てきた自動車と衝突

学校に行く途中で、その道を急いでいました。私は比較的大きな道路を通っていましたが、横には住宅街が並んでいました。そしてところどころ小道があったのです。そこから出てきた乗用車とぶつかりました。

体はボンネットに乗り上げ、自転車は車の下に

被害者が乗り上げたボンネットのイメージ画像信号もないところで、ミラーはありましたが、相手の確認不足ということでした。またあまりスピードは出ていなかったが不幸中の幸いです。

自転車に横から出てきた車が追突したわけですから、私はその車のボンネットに乗って、そのまま道路に転落、また自転車は車の下に潜り込んで走行不能となりました

事故の目撃者に連れられて病院で検査

わたしはちょうどその時看護学生で、まさに病院に向かっていたのです。事故の現場は病院の見える位置まで来ていました。私は起き上がることも、立ち上がることもできたので、事故の目撃者に連れられて、そのまま病院に行き検査を受けました。

被害者のケガの程度むち打ちなし。顔に擦りむいた傷がある
入院期間×
通院期間1ヶ月以内
リハビリ期間×
後遺症の有無×

ケガは大したことはありませんでした。ボンネットに乗って道路に落ちたので、顔に擦りむいたような傷ができました。病院でレントゲンや頭部のCTなどを取り医師の診察も受けましたが、特に問題はなく、そのまま学校に向かいました。また翌日のムチ打ちも心配でしたが、特にその症状もありませんでした。

事故の当日検査をしただけで、あとは検査はしていません。ただ事故の当日から1週間目に一応整形に来るように言われたので、医師の診察は受けに行きました。しかし硬膜下血腫などもなく、経過は問題なしだったので、通院は終了にしました。

交通事故の示談交渉について

交通事故後の示談交渉のイメージ画像

事故発生から示談終了までの期間1年以内
示談交渉の弁護士への依頼×
加害者の保険状況任意保険加入
相手の支払額自転車、通院費用
慰謝料非公開

保険会社の対応、示談金・慰謝料の提示額について
☆☆☆☆☆(不満は無し)

示談交渉の過程

保険会社の担当の対応は良好

握手する被害者と保険会社の担当のイメージ画像保険会社の方の対応はよかったと思います。まず事故の後、その運転手の人と連絡を取って、保険会社の人は事故現場に向かったということです。そして警察の人たちと話をしたということ。そのあとは保険会社の方と加害者が病院にやってきました。そして一通り検査が終わるまで一緒にいたので心強かったです。

ケーキと新品の自転車を持って自宅に謝罪に

謝罪に来た加害者と保険会社の担当のイメージ画像そして検査で問題ないことがわかると一旦二人は帰っていきましたが夕方になり、ケーキの箱と、新品の自転車を持って自宅に来られました

明日からの通学が困るだろうからということで、すぐに自転車を購入されたそうです。前の自転車はタイヤが折れ曲がり修理不能だったそうです。その時の対応も凄く印象が良かったですね。

私にも落ち度がありましたが、責められる事もなく

その後の受診の時も保険会社の人が付き添ってくれました。とても親身に話をされましたし、男性でしたが全く威圧感もなかったので、話やすかったです。 通学でいつも使っていた道とはいえ、私もスピードも緩めずに通学をしていたから問題だったかなと思うのですが、私を責めるような発言も一言もなかったですね。

学生でしたし、内心、何か聞かれたらどうしようかと思っていたのですが、何も責められませんでした。検査料や受診料も全て負担して頂けました。

Q:今後事故に遭われた場合弁護士に依頼したいと思いますか?
A:★★★☆☆(どちらでもない)

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

裁判に勝利して喜ぶ弁護士のイメージ画像交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

この体験談に関連する体験談はこちら

【交通事故体験談】渋滞の交差点で突然の右折車とぶつかった。なにより相手保険会社の杜撰さに心底腹が立った バイク乗用車交差点保険会社後遺障害捻挫示談

毎朝の通勤はバイクで行っていました。その理由としては幹線道路を使っていたので、車で通勤となると朝夕は通勤ラッシュで大渋滞をしているので通勤時間だけでも1〜2時間かかってしまうからです。

【交通事故体験談】自身の不注意による接触事故。相手側の保険会社含めた迅速な対応でスムーズに解決。残った不安要素 乗用車保険会社打撲示談自転車

朝、友人と狭い道から左右を確認せずに一車線の道路へ自転車で右折したら、右の方から走ってきた自動車に自転車の前の車輪を引っ掛けられてはねられました。

【交通事故体験談】事故が多発する場所での接触事故。保険会社の信頼のできる対応。 乗用車保険会社示談自転車

一旦停止せず路地から徐行で出てきた軽自動車の左側の前輪のタイヤハウスと、主要幹線の国道の歩道を南下して走っていた私の自転車の前輪部が接触。

【交通事故体験談】自転車で走行中に小道から出てきた自動車と衝突。相手の対応がよくすぐに自転車用意してくれた。 ムチ打ち乗用車交差点保険会社加害者示談自転車

学校に行く途中で、その道を急いでいました。私は比較的大きな道路を通っていましたが、横には住宅街が並んでいました。

シェアする