労働能力喪失期間とは

公開日:2018/01/25
最終更新日:2018/02/18

70人が閲覧しました

アシスト爺ちゃんのイラスト

漢字 労働能力喪失期間 

読み方 ろうどうのうりょくそうしつきかん

後遺障害を負うことによって、仕事や労働に影響が出る期間を指す。基本的には症状固定になり後遺障害が認定された年から67歳までの期間になる。
被害者が未就労者(未成年)の場合は18歳もしくは22歳(大学卒業)が開始の年になる。
高齢者の場合は平均余命年数の2分の1の期間になる。

他の用語を調べる

シェアする