ムチ打ちで後遺症害認定は受けられる?

ムチ打ち交通事故後遺障害症状固定通院治療

交通事故によるムチ打ちは、ムチ打ちに遭った本人以外症状を見極めるのが難しい怪我であり「後遺障害認定」を受けるのが難しいとされています。しかし、正当な要求を行えば、きちんと後遺障害認定を受けることも可能です。

ここでは、ムチ打ちで後遺障害認定を得るにはいつ、どのような手続きをすれば良いのかを説明します。

後遺症と認められれば後遺障害認定を受けることは可能

しかし、「では、ムチ打ちは後遺障害認定を得ることができないものなのか」といえばそうではありません。交通事故で被った怪我であり、症状があり、実際に後遺症の被害が出ているのですから、正当な要求にはきちんと後遺障害認定を受けることができます。

ムチ打ちの後遺障害認定等級 

ムチ打ちの後遺障害認定等級には「14級9号」と「12級13号」があります。 

14級9号
▶︎局所に神経症状を残すもの
確認できる他覚的所見はないが、神経系統の障害が医学的に推定されるもの。外傷性の画像所見は確認できないが、自覚症状を説明する神経学的所見が認められるもの。
後遺障害慰謝料:自賠責基準32万円/裁判所基準110万円 
12級13号
▶︎局所に頑固な神経症状を残すもの
他覚的検査によって神経系統の障害が証明されるもの。自覚症状に一致する外傷性の画像所見と神経学的所見の両方が認められるもの。
後遺障害慰謝料:自賠責基準93万円/裁判所基準290万円 

14級9号と12級13号の違いは患者の訴える症状にきちんとした「医学的裏付けがあるかないか」です。簡単にいえば14級に必要なのは「医学的根拠」、12級に必要なのは「医学的説明」ということですね。

後遺障害認定が受けられるのは「症状固定後」

後遺障害認定を得ることができるのは、あくまで「事故によって被った怪我により後遺症が残った場合」です。ですので、症状固定後に残った症状から等級を判断することになります。

症状固定とは 

症状固定とは治療を続けてもこれ以上改善の見込みが亡くなった段階のことを指します。つまり、治療の打ち切りです。これは、治療を行っても改善の見込みがないのであれば、いつまで続けても治療費がかさむ一方で、加害者側の負担も大きくなってしまうため、治療を行っても症状が改善されないのであれば、後遺障害と認定して、適切な賠償金を支払い早期解決するという損害賠償上の仕組みでもあります。

後遺障害認定のため症状固定のカルテを書く医師の画像

症状固定を決めるタイミングは本来ならば患者本人とその患者を見てきた医師であるべきですが、時に加害者側の保険会社から症状固定の打診をされることもあるようです。保険会社としては通院にかかる費用を抑えたいという思いがあるので、早めに症状固定をして治療を打ち切ってほしいと考えるのはビジネス的には当たり前の話なのかもしれませんが、まだ症状が緩和されていない状態で治療を打ち切られてはたまったものではありません。

後遺障害認定を得ることができるのならともかく、等級を得ることができず「非該当」になってしまったら、治療費は自費になり、もし、その後、明確な後遺症が発覚しても後遺障害認定書を書き直すことはできないので、その後遺症と一生付き合っていかなくてはなりません。たとえ日常生活に支障をきたすような後遺症が現れたとしてもです。

ですので、相手がたの保険会社から「そろそろ症状固定をしてはいかがですか?」「後遺障害認定書を医師に書いていただいて申請してみたらどうでしょう?」と言われても安易に受け入れるのではなく、医師とよく相談してから症状固定のタイミングを決めるようにしましょう。

後遺障害認定を得るためには

前述したように後遺障害認定は症状固定後、どれだけの後遺症が残っているのかで等級が決定されますが、等級を確定するのは症状固定後の状態だけを見て決められるのではありません。後遺障害認定の等級は検査の時点から調査が入ります。つまり、どんな状況にあっても「後遺障害認定を得ることになるかもしれない」ということを頭に入れて受ける必要があるということです。

画像診断は必ず受けること 

後遺障害認定のためMRIを受ける患者の画像

「ムチ打ちは画像に映らない損傷」と言われていますが、レントゲン、MRI、CTなどの画像診断は必ず受けておきましょう。

特にMRIは受傷直後であれば病変を捉えることができる可能性が高いと言えます。

ただし、目視できない解像度の低いものでは意味がありません。MRIの解像度はステラという単位で決められています。一般的に流通しているものは1.5テスラのMRIが多いですが、できれば3テスラ以上のものが望ましいと言われています。

病変を画像で確認出来るものほど他覚的所見と言えるものはありません。後遺障害認定を受けるかどうかは別として、交通事故でムチ打ちになったらとりあえず、画像を残しておくことは基本中の基本です。

神経学的検査を受けること

後遺障害認定のためテストを受ける患者の写真画像

画像診断の他に他覚的所見が得られる検査が神経学的検査です。スパーリングテストや握力検査、従手筋力検査、筋萎縮検査、知覚検査、深部腱反射テスト、病的反射テストなどが代表的な神経学的検査です。

しかし、神経学的検査は検査を行う時の状態や検査する医師の技術力によって結果が異なる場合があります。これが後々、後遺障害認定を得る際に問題となることも…。

それは、検査の結果に一貫性がない場合、後遺障害認定が否定されることがあるということです。これを回避するためには、結果に一貫性を持たせるために何度も検査を行うか、症状固定を行う際にのみ行うといったことが必要となります。 

必ず病院に通うこと

後遺障害認定を決める病院のイメージ画像

後遺障害認定を得るための後遺障害認定書を作成するのは担当医です。きちんとした通院履歴がないと医師は後遺障害認定書を書きようがありません。

ムチ打ちは事故直後にはあまり症状が現れず、数日経ってから現れるケースが多い怪我です。軽症だからと楽観視していると、症状が悪化し、重篤化する場合もあるので、医師の指示に従って、必ずきちんと通院するようにしましょう。

また、病院に通わず整骨院や鍼灸院にだけ通うというのもあまり望ましくありません。保険会社の見解では「病院は治療」「整骨院などの東洋医学は施術」という認識なので、病院に通っていないということは症状は改善し、治療の必要がないと捉えられる可能性が高く、後遺障害認定の申請を行っても「非該当」という判断をされることが多くなってしまいます。

ムチ打ちでも後遺障害認定を想定して検査を受けることが重要 

ムチ打ちというと軽症な怪我というイメージが強いと思いますが、場合によってはひどい後遺症に悩まされるケースもあります。ムチ打ちと軽く考えずに後遺障害認定を行うことを想定して、必要な検査を受けることが重要です。そのためには何が必要なのかを知っていることが大切。

事故直後はパニックになりがちなので、冷静に対応するためにもどうしたらいいのかをきちんと調べてから行動を起こすようにしましょう。後遺障害認定の申請を行い、非該当という認定がおりたり、示談が成立したりした後で、重度な障害が現れてもどうすることもできません。

シェアする