高齢者の交通事故、慰謝料の計算方法が変わるって本当?|迷ったら弁護士へ相談!

公開日:2018/03/12
最終更新日:2018/08/06

130人が閲覧しました

交通事故慰謝料被害者高齢者

高齢者が運転する視界のイメージ画像

 

 高齢者は交通事故の加害者と被害者の双方の率が多い

 高齢者の示談金が低くなる要因は「消極損害」

 高齢者の逸失利益の計算方法は2パターンある

ナビ夫

交通事故で高齢者の事故が多発しています。加害者のケースも多いのですが、やはり被害者のケースも多く見受けられます。

そして高齢者が被害者の場合、慰謝料は低くされるといわれますがその理由はどうしてなのでしょうか。高齢者の慰謝料についてみていくことにします。

高齢者の交通事故は年々増加?特徴はあるの?

高齢者夫婦のイメージ画像

りんね
元気ないね、どうしたの?
アシスト爺ちゃん
わしもそろそろ運転免許証を返納する必要があると思ってのう。
りんね
そんな寂しそうな顔しないで。運転しなくなってもおじいちゃんの知識まで消えちゃうわけじゃない。きっとみんなこれからも頼りにしてくれるよ。
アシスト爺ちゃん
そうじゃのう。わしのせいで被害者になる人を出さぬように自分できっちり引き際を見極めるのが大切じゃな。

データでみる!高齢者の交通事故

警察による交通取り締まりの強化や交通状況の整備などに伴い、東京都内における交通事故の発生件数自体は減少傾向にあります。

しかし、65歳以上の高齢者が関与する交通事故の割合は年々高くなっており、約2割に高齢者が関わっています。特に運転者が75歳以上になると死亡事故の割合が高くなっています。

一方、高齢者が被害者として交通事故に巻き込まれるケースも多く、2012年には亡くなった人の約半数が65歳以上でした。状況別にみると夜間歩行中に巻き込まれる可能性が高くなっています。

自分の身は自分で守る!身体能力に応じた行動を

違反別にみると高齢者に最も多い違反は、安全不確認です。一般に年を重ねるにつれ、動体視力を含め身体機能が低下して、危険の発見が遅れがちになります。

このため、自分では安全運転を心がけているつもりでも周りからみると危険な運転になっていることが少なくありません。

高齢者の事故の原因は慢心からくる自信

しかも「慣れた道だから」「長年運転してきたから」という自信があるので、その油断が死亡という最悪の結果を招いてしまうのです。

運転中にアクセルとブレーキを踏み間違える、高速道路を逆走するという初歩的なミスによる事故が多いのも高齢者の特徴です。

2010年から2012年までの統計データによると、高速道路を逆走した7割以上の運転者が高齢者でした。

一方歩行中の事故をみても、青信号の点滅中に横断しきれると思って渡り始めたところ途中で信号が変わり車に跳ねられてしまったケースのように、身体機能の低下による事故が多い傾向にあります。

夜間歩行中の交通事故を防ぐためには、運転者から発見されやすくなるように明るい色の服装を心がけて、帽子や杖などの反射材用品を身に着けると良いでしょう。

りんね
つまり高齢者は自分は大丈夫だ、という気持ちが強いんだね
アシスト爺ちゃん
そうじゃ。高齢者は思った以上にプライドが強いもんでのぅ。そこから来てしまう慢心や自信で事故を起こしてしまうんじゃ。

高齢者の交通事故、損害額は大きく変わる?迷ったら弁護士へ相談!

交通事故に遭って怪我を負った被害者のイメージ画像

交通事故に遭う被害者が高齢者だった場合、もらえる損害賠償金が少なくなる可能性があると言われていますが、それは何故なのでしょうか。

年齢によって慰謝料の額は変わる?

交通事故の被害者は、加害者(またはその保険会社)に対して、治療費や入院費、交通費などの積極損害、後遺症による逸失利益や休業損害等の消極損害慰謝料を請求できます。

このうち積極損害は実費のうち必要かつ相当な範囲をいうので、基本的に年齢によって金額は変わりません。

慰謝料の金額基準に年齢は関係ない

また、高齢者の慰謝料が少ないと思う人がいるかもしれませんが慰謝料の額も基本的に年齢によって異なりません。

かつて高齢者は人生を既に謳歌しているので交通事故で死亡しても大して精神的苦痛を被らないとされ、若者よりも慰謝料の金額を低く設定されることがありました。

しかし、命の重さに裁判所が差をつけることは相当でないため、年齢のみを理由に慰謝料に差を設けることはありません。

入通院慰謝料入通院の日数後遺障害慰謝料後遺障害の等級死亡慰謝料亡くなった人の家族での立ち位置を考慮して決定します。

慰謝料の種類 金額決定で重視される事柄

入通院慰謝料(傷害慰謝料)

入通院の日数
後遺障害慰謝料 後遺障害の認定の等級
死亡慰謝料 被害者の家族の立ち位置
慰謝料決定に年齢は関係ない!

高齢者の示談金が低くなる場合はどんな場合?

積極損害や慰謝料と異なり、消極損害は年齢によって異なる可能性があります。そもそも消極損害とは、交通事故に遭わなければ得られていたはずのお金を事故によって得られなくなったことで発生します。

示談金が低くなる理由は消極損害の存在

日給1万円の人が事故で1日仕事を休まなければならなかったとすれば、1万円の休業損害が発生します。

もし1週間休まなければならなかったとすれば、休業損害は7万円です。ここではわかりやすくするために有給休暇を取得できなかったものと仮定しています。

これに対し、仕事をしていない人の場合、交通事故に遭わなくてもお金を得られなかったことには変わりないので、休業損害は発生しません。

このように消極損害は得られたはずのお金や得られなかった期間によって金額が異なります。

逸失利益の計算方法は2種類ある

一般に高齢者は若者ほど長く生きられないので、逸失利益は低くなりがちです。しかし、逸失利益を全く受け取れないわけではありません。

例を挙げると年金を受け取っていた人が亡くなった場合には、得られていたはずである年金を交通事故によって得られなくなったと主張して、逸失利益を請求します。

期間については事故当時から平均余命までの期間の2分の1または67歳までの期間どちらか長いほうで計算します。

たとえば64歳の男性が亡くなった場合、8年(2016年の男性の平均寿命は80.98歳)と3年を比べると前者のほうが長いので、前者で計算します。

もし加害者の保険会社からの見積もりが少ないと感じたら、弁護士に相談して一度計算し直してもらいましょう。

Q:64歳の男性(年収300万円/扶養者は妻一人)が亡くなった場合の逸失利益

A:下記の計算式で7,755,600になる

まずは「就労可能年数に対するライプニッツ係数」を求める
其の1➡67歳までの場合
67-64=3歳
其の2➡平均寿命の2分の1(2016年の男性平均寿命は80.98)
80-64=16(小数点切り捨て) 16÷2=8歳
其の1と2を比べる➡3<8
➡就労可能年数に対するライプニッツ係数=8
3,000,000×6.463×0.40=7,755,600

▼計算式そのものはこちら

りんね
どうしても消極損害で低くなっちゃうんだね。
アシスト爺ちゃん
こればっかりはな。消極損害は主に未来に対する損害だから、老い先短い高齢者は低くなってしまうんじゃ。

納得できないなら弁護士に相談するのがおすすめ!

高齢者のイメージ画像

高齢者の場合、慰謝料の額は変わりませんが、消極損害の額が変わり、示談金・全体的な損害額が低くなってしまいがちです。

しかし、仕事をしている場合はもちろん、年金を受給しているときや家族の家事を行っているときにはある程度のお金を請求できます。

保険会社からの提示に納得いかないならば、交通事故に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故の被害者になったら弁護士特約の利用をおすすめします!

交通事故で怪我を負った場合、弁護士特約が利用できると、費用の負担なしで弁護士に対応を依頼することが可能です。依頼を行う弁護士は自分自信で選ぶことも可能です。保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

初回相談料や着手金が0円の弁護士事務所もありますので、被害者になったらまずは自分が契約している保険会社に弁護士特約が使えるかどうかを確認し、利用可能な場合は弁護士へ相談してみましょう。

【弁護士特約を使って弁護士に依頼するメリット】

・費用の負担をせずに弁護士に依頼ができる
・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、
 有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・怪我をしている中で交渉にかかる心理的な負担が省ける

↓  ↓  ↓

交通事故と慰謝料に関連する記事はこちら

損害賠償の内訳の一つ、積極損害と消極損害って何だろう? 交通事故休業損害弁護士費用慰謝料損害賠償請求

   交通事故の損害賠償は「財産的損害」「精神的損害」に別れる  積極損害は交通事故に遭ったために「支払った」お金  消極損害は交通事故に遭…

交通事故で被害者が死亡したら…交通死亡事故慰謝料の相場と支払方法 交通事故弁護士慰謝料死亡相続

   死亡した場合の損害賠償の内容は決まっている  慰謝料は3つの基準で、ある程度金額の相場が決められている  請求できる人間は相続権のある…

これだけは知っておきたい! 交通事故により植物状態になった場合の損害請求額の算定方法 交通事故後遺障害損害賠償被害者通院治療

   植物状態とはし尿失禁状態や自力での摂食不可など6つの項目が3か月以上続く状態を指す  加害者に請求できる賠償範囲は症状固定前か後で大き…

交通事故で身内が死亡…遺族が受け取る慰謝料などに相続税はかかる? 交通事故慰謝料損害賠償被害者

   かかる税金も任意保険の支払い者によって種類が変わる  損害賠償金は税金の対象外  賠償金としての側面がない保険金は税金の対象になる 目…

交通事故被害者の心因的な問題や持病で治療が長引く場合、慰謝料が減額される可能性がある! 交通事故保険慰謝料治療高齢者

   被害者の治療があまりにも長いと、心因的な要因ではないかと判断される可能性がある  被害者の持病が影響して治療が長期化した場合、損害賠償…

シェアする