自賠責保険に対する損害賠償請求/被害者請求と加害者請求

josei_seikyu

交通事故の被害者となった時、保険会社に損害賠償を請求することは分かっていても、誰の保険に誰が請求を行うのか、いまひとつピンとこない人も多いと思います。また、被害者が重傷の場合、なかなか本人が手続きを行うことができません。

ここでは、損害賠償の請求は誰に対して行うものなのか、また代理を立てて請求を行う場合は誰が代理になることができるのかなどを説明します。 

被害者は誰に対して損害賠償を請求するのか

交通事故の損害は、当然ながら加害者本人に賠償する責任がありますが、支払いは加害者が加入している保険会社が代わりに行います。そのため、被害者は損害賠償請求を加害者が加入している自賠責保険会社に対して行うことになります。

賠償請求には2つの方法がある

その自賠責保険に対する請求は、被保険者である加害者が請求を行う「加害者請求」と被害者が加害者ではなく自賠責保険会社に直接請求を行う「被害者請求」の2つの方法があり、どちらの方法か被害者自身が選ぶことができます。

なお、その自賠責保険会社への請求は、被害者本人・加害者本人以外でも行うことができます。下記の表でそれぞれの請求方法で損害賠償請求を行うことができる立場の人を見てみましょう。

請求方法 請求を行うことができる人
被害者請求 ・被害者本人
・被害者の親権者
・被害者の家族
・被害者の遺族
・被害者に委任を任された人(委任請求)
加害者請求 ・加害者本人
・任意保険会社(任意一括払い)

任意保険が行う加害者請求が一般的

加害者請求を行う場合、すでに被害者に賠償金を支払っていることが条件となります。そのため、被害者が賠償金を受け取ったという領収証が必要になります。

しかし、加害者本人が賠償金を立て替えるケースは少なく、加害者側の任意保険会社が「一括払い」という方法で被害者に賠償金を支払い、加害者に代わって自賠責の請求を行うケースが一般的です。

被害者本人以外が被害者請求を行う場合

加害者が任意保険に加入していない場合や、被害者の過失が大きい場合は、任意保険による一括払いが行われません。そのような時は、必然的に被害者請求を行うことになります。

しかし、その時に被害者が未成年だったり、重度後遺障害を負った、または死亡したような場合は、親権者や家族、遺族などが被害者に代わって請求を行うことになります。

被害者の家族が代わりに請求を行う場合

被害者本人が保険の請求手続きを行うことが困難な場合、家族や親族などの然るべき立場の人が、被害者に代わって請求手続きを行うことになります。

その際、被害者との関係や、被害者本人が請求を行うことができない理由などを記した念書を保険会社に提出しなければなりません

病院や第三者が代わりに請求を行う場合

また、家族や親族ではない第三者に請求と受領を委託する委任請求という方法もあります。具体例を見てみましょう。

治療費の部分を病院に委任

一般的に治療費の請求は、病院から行うことになります。被害者側としては治療費を立て替える必要がなくなり、病院側としても治療費を確実に回収することが可能です。

病院に請求の委任を希望することを伝え、自賠責保険に提出する請求書の、治療費の振込先指定欄に病院の口座番号を記入すれば、治療費が病院へ直接支払われます。

弁護士などの第三者に委任

被害者の遺族など請求の権利をもつものが代表者に請求を委任したり、弁護士などの第三者に請求を委任する際は、必ず自賠責保険へ「委任状」の提出が必要となります。

関連する記事一覧

交通事故の示談交渉は弁護士に依頼するべき?

交通事故の被害にあうと、通院中や入院中に保険会社との示談交渉が始まる場合もあり、事故のダメージが残っている中、専門知識もないまま専門家と対峙しなければなりません。

非常にハードルの高い交通事故の示談交渉。弁護士に依頼したらどのようになるのでしょう。交通事故示談アシストでは、実際に交通事故被害にあい、弁護士に依頼した方のインタビューをしました。

どのタイミングで弁護士に依頼したのか?、依頼するメリットとデメリットは?、弁護士費用はどの程度掛ったのか?など、気になる事をズバリお答え頂きました。

シェアする