被害者が集めるべき書類

交通事故の被害者となり、保険会社と交渉していくにあたり、必要になる書類と、書類の発行を依頼する場合はその依頼先を見てみましょう。

 集めるべき書類 発行依頼先
                          交通事故証明書    自動車安全運転センター
                                診断書                医師
                          診療報酬明細書                医師
             後遺傷害診断書(後遺症が残った場合)                 医師
     死亡診断書、死体検案書(被害者が死亡した場合)                 医師
                             印鑑証明書              市区町村

                              戸籍謄本

 (被害者が死亡/未成年/納損傷など意思能力がない場合) 

            市区町村
                             源泉徴収票               勤務先
                     確定申告書(事業主の場合)             前年度分
                          休業損害証明書               勤務先
                         通院交通費明細書          その都度保存
                           交通費領収書          その都度保存
                           実費の領収書          その都度保存
                      被害者請求書類一式  加害者側の自賠責保険会社 
                           実況見分調書               検察庁

交通事故の示談交渉は弁護士に依頼するべき?

交通事故の被害にあうと、通院中や入院中に保険会社との示談交渉が始まる場合もあり、事故のダメージが残っている中、専門知識もないまま専門家と対峙しなければなりません。

非常にハードルの高い交通事故の示談交渉。弁護士に依頼したらどのようになるのでしょう。交通事故示談アシストでは、実際に交通事故被害にあい、弁護士に依頼した方のインタビューをしました。

どのタイミングで弁護士に依頼したのか?、依頼するメリットとデメリットは?、弁護士費用はどの程度掛ったのか?など、気になる事をズバリお答え頂きました。

シェアする