交通事故の被害者になったら加入している保険を確認しよう。被害者の保険が適用されるケースとは?

交通事故被害者

交通事故後加入している保険の内容を確認している被害者の写真

 

 加害者が保険に入っていなかったり自身に落ち度があると損害額を支払うことがある

 被害者が入っている保険によって賠償できる金額が変わってくる

 保険によっては損害額すべてを支払いきれない可能性も

治療費や示談金は加害者が加入している保険会社から支払われるものですが、被害者に落ち度(過失)がある場合や被害者が任意保険に加入していない場合は、損害額の全てを加害者に支払ってもらうことはできません。

ここでは、そのような時に利用することができる被害者自身が加入している保険の種類やその内容を説明します。

被害者が加入している保険を使う場合もある

りんね
交通事故に遭ったら加害者の保険が適用されるんですね!勉強になります
アシスト爺ちゃん
そうじゃよ。ですがそれは基本的なスタンスで、場合によっては被害者の保険を使うこともあるんじゃよ。
りんね
ええ……!? なんで被害者なのに保険を使う必要があるんですか!
アシスト爺ちゃん
まあまあ。もちろん、それには条件があるんじゃよ。

CHECK上記で説明した通り、治療費や示談金は、基本的には加害者側の保険会社から支払われますが、加害者が任意保険に加入していない場合や、被害者にも落ち度(過失)がある場合は、被害車自身も損害額を支払わなければなりません。

このように被害者が満足な補償を受けられない場合に、被害者が加入している保険から保険金の支払いを受けられるプランもあります。なお、保険をかけている自動車の事故以外に、歩行中に事故にあった時などにも適応されるものもあります。

保険の内容を確認・把握しよう

保険の書類を確認している夫婦のイメージ画像任意保険に加入している人の多くは、自分が加入している保険の内容を把握していないのではないでしょうか。また、いざ交通事故の被害者となった時、保険会社から保険内容の詳しい説明がない可能性もあります

せっかく加入しているのに、知らなかったばかりに、受けられる補償を受けないなんてことにならないよう、定期的に自分が入っている保険の中身をチェックしておくとよいでしょう。保険の更新の際に確認しておくのが一番ベストです。

保険金がもらえる可能性のある被害者の保険

交通事故と保険金のイメージ画像

それでは、具体的にどんな保険に加入していれば、被害者が保険金の支払いを受けることができるのか見てみましょう。

保険名 種類や特徴
対人賠償保険 相手方の人的損害を賠償するもの
対物賠償保険 相手方の物的損害を賠償するもの
車両保険 自分の車の物的損害を補償するもの
加害者が対物賠償保険に未加入の場合に非常に重要
人身傷害補償保険 被害者の過失の有無に関わらず被害者の人的損害を補償するもの
下記で詳しく説明
搭乗者傷害保険 保険をかけた車両の搭乗者の人的損害を賠償するもの
下記で詳しく説明
無保険車傷害保険 被害者が死亡または後遺障害を負った時に、
加害者が対人賠償保険に未加入の場合などに非常に重要
下記で詳しく説明
自損事故保険 被害者が死亡または後遺障害を負った時に、
単独事故や加害者に自賠責上の責任がない場合などに非常に重要
下記で詳しく説明

上記の表の中でも特に重要となる保険を詳しく見てみましょう。

人身傷害補償保険(重要度:★★★★★)

人身傷害補償保険は、被保険者が交通事故の被害者になった時、被害者の過失の有無に関係なく、被害者が被った人身損害を設定した保険金額の範囲内で支払ってもらうことができる保険です。

メリット:被保険者以外も保険金の支払いが受けられる

さらに、人身傷害補償保険では、記名被保険者(保険証券に記載されている被保険者)だけでなく、配偶者や同居の親族などが保険に加入している自動車に搭乗中に事故でケガや死亡した場合や、歩行中に起きた自動車との事故であった場合でも、補償を受けることができる可能性があります。

デメリット:損害額すべてをカバーできない可能性がある

交通事故の損害賠償が保険でも賄いきれないとアピールする女性のイメージ画像しかし、故意による事故や被害者自身に極めて重大な過失がある場合は、支払いを受けることができません。

また、支払われる保険金は「裁判所基準・弁護士基準」ではなく、あくまで保険会社の支払い基準にもとづいて算定される金額ですし、加入時に定めた範囲でしか支払われません。そのため、損害額との差額について加害者に別途請求する必要があります。

人身傷害補償保険のまとめ
〇 ・自分の落ち度に関係なく保険金が支払われる
  ・自分以外の家族が乗車していても保険金がもらえる
× ・故意の事故や自業自得に近い落ち度の場合は支払われない
  ・支払う保険金の基準は保険会社の支払い基準(低い!)

先に人身傷害補償保険金を受け取った場合

加害者側から賠償金を支払われる前に、人身傷害補償保険金が支払われた場合、まず人身傷害補償保険金が被害者の過失割合に応じた損害額にあてられます。其の上で被害者の過失割合に応じた損害額を上回る金額があれば、その範囲で保険会社が被害者の加害者に対する損害賠償請求権を代位取得し、保険会社が加害者に請求(求償)をすることになります。

具体的例を使って、人身傷害補償保険金を先に受け取った場合のイメージをしてみましょう。

【裁判所が認定した総損害額】5,000万円
【被害者の過失割合】40%
【人身傷害補償保険から支払われた金額】3,000万円

人身傷害補償保険に加入していない場合

加害者負担分3,000万円 被害者負担分2,000万円

人身傷害補償保険に加入している場合

2,000万円 人身傷害補償保険金3,000万円

→2,000万円の部分は被害者が加害者側に請求

りんね
ん?つまりどういうことですか?ぜ、全然わかりません
アシスト爺ちゃん
つまり加害者が支払う前にどちらかが加入していた人身傷害補償保険金が使用されたということじゃ。人身傷害補償保険は過失問わず支払われるからじゃ。その上で差し引かれた残りの金額を加害者が支払う形になるんじゃよ。
りんね
被害者請求ってやつですね!

人身傷害補償保険と加害者、どちらを先に請求するべきか

反対に、先に加害者側から賠償金の支払いを受けた後、不足した被害者の過失部分の損害額を人身傷害補償保険に請求するという方法もあります。

CHECKしかし、被害者に落ち度がある場合の人身傷害補償保険において、被害者の保険会社が代位取得する損害賠償請求権の範囲に関しては、裁判によって取扱い方法が異なります。その為、通常は加害者側から損害賠償金の支払いを受ける前に、まず人身傷害補償保険金の支払いを受けた方が無難と言えます。

豆知識:代位取得
代位取得は保険用語の一つです。
損害保険において保険会社が被保険者に保険金を支払った場合、被保険者(保険契約者)が他人に対して持つ権利(賠償請求権)を保険会社が取得することです。簡単に言えば保険金を受け取ったから請求権を譲渡すると言うことです。

搭乗者傷害保険(重要度:★★★★)

自動車を運転する家族のイメージ画像搭乗者傷害保険は、保険をかけている自動車に搭乗していた人が事故によって傷害を負った時に、一定額の保険金が支払われる保険です。

すなわち、保険をかけていた自動車に乗車中していた被害者であれば、被保険者の家族でなくても補償されるということです。しかし、支払われる保険金は一定額なので、あまり大きな額は期待できません。

また、搭乗者傷害保険は、加害者側から支払いを受けた後にも請求することができますし、支払われた保険金が損害賠償金額から控除されることもありません。

搭乗者傷害保険のまとめ
〇 ・この保険をかけてある車なら被害者の家族じゃなくても補償される
  ・加害者から賠償金をもらった後でも請求できる。
× ・支払われる保険金は一定で、少なめ

無保険車傷害保険(重要度:★★★)

被害者が障害を持ってしまったことをアピールするイメージ画像無保険車傷害保険は、被保険者(被害者)が死亡または後遺障害を負った場合に加害者が対人賠償保険に未加入であったり、加入していても設定金額が低額であるために損害を十分に補償することができない場合に、一定の保険金が支払われる保険です。

また、無保険車傷害保険は、人身傷害補償保険と内容が重複するため、特例の扱いとなるのですが、人身傷害補償保険が支払われない場合や、人身傷害補償保険金の額が無保険車傷害保険金の額と自賠責保険金の額の合計金額を下回る場合に支払われます。

CHECKこの保険は、被害者が死亡または後遺障害を負った場合のみ支払いを受けることができますので、治療によりケガが治った場合は支払いを受けることができません。

また、加害者に法律上の損害賠償義務が認められることが条件となっているため、被害者の過失割合が100%の場合も支払いを受けることができません。

無保険傷害保険のまとめ
〇 ・加害者が対人賠償保険に未加入でも一定額の保険が支払われる
  ・入っている保険の金額が低すぎて損害をカバーできない時使用できる
  ・人身傷害補償保険が使えない場合にも使用できる
× ・被害者が死亡、後遺障害を負った時のみ支払いを受ける
  ・被害者が100%悪い場合、使用できない

自損事故保険(重要度:★★★)

車と衝突する被害者のイメージ画像自損事故保険は、単独事故や加害者に自賠責上の責任が追及できない時に、被害者の過失が100%であっても使うことができる保険です。

人身傷害補償保険と内容が重複しているため、主に人身傷害補償保険が含まれていない保険商品に入っていることが多いです。

一定の損害が発生した場合に定額の保険金が支払われ、支払われる保険金の種類は、死亡保険金・後遺障害保険金・介護費用保険金・医療保険金となります。なお、自損事故保険に支払われた保険金は、損害賠償金額から控除されません

自損事故保険のまとめ
〇 ・単独事故や、自賠責上の責任を加害者に追及できない事故に使用できる
      ・被害者が100%悪い事故でも使用できる
× ・保険金の種類が決まっている
  ・被害者が死亡、後遺障害を負ったときのみ支払いを受ける事ができる

交通事故の被害者が使える保険について

交通事故車両を確認する保険会社のイメージ画像

交通事故に遭った被害者が使用できる保険についてみてきました。メリット、デメリットがそれぞれあるため、自分の運転頻度に合わせて保険をつけるべきでしょう。

基本的に加害者が任意保険に入っていなかったり、被害者側が落ち度がある事故だったりして、もらえるお金が少ない場合に働く保険といえます。

重要である4つの保険は任意保険のオプションの保険の為、任意保険に入っていなければ意味がありませんが、もしものことを考えて入っておいたほうが賢明といえます。

また任意保険の中には弁護士特約という弁護士に示談交渉を依頼するオプションもあるため、不安な方はつけてみるのも手だといえるでしょう。

交通事故の被害者になったら、事故からなるべく早い段階で弁護士への依頼がおすすめです!

交通事故に遭って電話する被害者のイメージ画像

交通事故で被害に遭い怪我を負った場合、保険会社との示談交渉を弁護士に依頼することによって、治療費や慰謝料などの示談金を増額できるケースがあります。

損害賠償の交渉を行う場合のほとんどは、相手は示談交渉において知識がある担当者です。保険会社側の担当者は被害者の味方ではありません。

被害にあったら弁護士に依頼をすることで、示談交渉に臨むことをおすすめします。初回相談が0円の弁護士事務所もありますので、示談交渉に不安を感じたらまずは相談してみましょう。

【交通事故の被害に関する示談交渉を弁護士に依頼するメリット】

・専門知識が必要な示談交渉を弁護士に任せることにより、有利かつスムーズに示談交渉を進められる。
・相手方に請求する示談金を増額させることができる。
・通院中や入院中など、交通事故のダメージが残っているときでも、示談交渉を任せられるため、治療に専念できる。

↓  ↓  ↓

関連する記事一覧

弁護士に相談する被害者のイメージ画像

交通事故の被害者のための基礎知識

このページでは交通事故の被害者になられた方へ、必要な知識をご紹介しています。被害者になったら解決に向けて知っておきたい、保険の種類、過失割合、休業損害、加害者側の情報について、ご紹介をしています。続きを読む

交通事故の過失割合について

交通事故の被害者となった場合、治療費や修理費などの費用は示談金として加害者に負担してもらえますが、自分にも非があった場合は示談金が減額されてしまいます。交通事故の当事者間において、互いの過失の程度を数値化したものを“過失割合”と呼び、過失割合によって示談金が決定します。続きを読む

交通事故の被害者が救急車で搬送されるイメージ写真

事故後に被害者が確認するべきことは?

交通事故は、いつ自分が被害に遭うか分かりません。もし、自分が交通事故に遭ってしまった場合、自分がその場でできる対応によって、事故処理やその後の交渉をスムーズに進めることができます。事故の大きさによって異なりますが、交通事故に遭ってしまった際は、可能な限り以下の事項を確認するようにしましょう。続きを読む

被害者として必要な警察への対応

交通事故の当事者になった場合、被害者/加害者・物損事故/人身事故に関係なく必ず警察へ届出をする必要があります。警察への届出は法律上の義務であるだけでなく、保険金を請求するうえで必須となる交通事故証明書を交付するためにも必要です。続きを読む

被害者として必要な検察官への対応

検察官とは、加害者を起訴または不起訴にするかを決定する非常に重要な役割を担っている存在です。ここでは、その検察官が交通事故の手続きにおいてどのような立場であるか、被害者として検察官に対して必要な対応を説明します。続きを読む

手続きに必要な刑事記録と入手方法

交通事故の被害者として、刑事記録をできるだけ早く取得することは非常に重要です。なぜなら、刑事記録は警察という利害関係のない第三者が職業的正確性を持って作成する、非常に高い信用性を持った書類だからです。続きを読む

事故の被害者に対して整体を行う整体師のイメージ画像

事故によるケガの治療について

交通事故によりケガを負ってしまい、治療が必要となった場合は、その治療費を加害者側の保険会社から損害として賠償してもらうことになります。ここでは、その治療費について詳しく説明します。続きを読む

交通事故で適用できる保険について

交通事故が発生した時、大小問わずさまざまな損害が発生します。この損害を埋める(賠償する)のが保険であり、適用する保険によって保険会社から支払われる金額は異なります。続きを読む

シェアする